■2011/12/1◆青いエアメイル◆松任谷由実◆OLIVE◆07◆07◆02◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10640.html◆1979◆コンサートのダブルコール(2回目のアンコール)で歌われることもある隠れた人気曲。ベスト盤「Neue Musik」にも収録。◇
■2011/12/3◆夜明けの雲◆松任谷由実◆配信のみ◆◆yoakenokumo◆01◆◆http://itunes.apple.com/jp/album//id480582358◆◆2011◆本日公開の映画「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」主題歌。着うた、iTunes Storeなどで絶賛配信中!◇
■2011/12/4◆私のロンサム・タウン◆松任谷由実◆PEARL PIERCE◆13◆13◆06◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10646.html◆1982◆コンサートツアーで地方を訪れているミュージシャンがこの歌の主人公。ユーミン自身がダイレクトに垣間見られるめずらしい曲かもしれません。◇
■2011/12/5◆残されたもの◆松任谷由実◆紅雀◆05◆05◆10◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10638.html◆1978◆結婚後、松任谷由実名義でリリースした1枚目のアルバム「紅雀」の最終収録曲。◇
■2011/12/6◆きみなき世界◆松任谷由実◆スユアの波◆29◆29◆04◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10001.html◆1997◆2000年のBSデジタル開局ライブにてスガシカオ氏とこの曲で共演。「スガさんの声のイメージで作った」とユーミン談。◇
■2011/12/7◆さまよいの果て波は寄せる◆松任谷由実◆悲しいほどお天気◆08◆08◆10◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10641.html◆1979◆2002年逗子マリーナで開催されたコンサートでは、噴水が吹き上がる中、せり上がるリフターの上でこの曲を熱唱しました。◇
■2011/12/8◆とこしへにGood Night(夜明けの色)◆松任谷由実◆Delight Slight Light KISS◆20◆20◆06◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10653.html◆1988◆ユーミン自身、歌詞がとても気に入っているというこの曲が収録されたアルバムは、3Dジャケット仕様で話題になりました。◇
■2011/12/9◆木枯らしのダイアリー◆松任谷由実◆NO SIDE◆16◆16◆08◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10649.html◆1984◆OLの恋心が日記風に綴られたラブソング。2006年に上演されたユーミン・ソング・ミュージカル「ガールフレンズ」でも使われました。◇
■2011/12/10◆Midnight Scarecrow◆松任谷由実◆KATHMANDU◆27◆27◆08◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-9300.html◆1995◆タイトルは映画「真夜中のカウボーイ」と「スケアクロウ」から想を得たと当時のラジオ番組でユーミンが語っていました。◇
■2011/12/11◆Walk on, Walk on by◆松任谷由実◆KATHMANDU◆27◆27◆10◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-9300.html◆1995◆歌詞中の「カレンダーでもマティーニでも消せなかった」というフレーズに苦心したと本人談。◇
■2011/12/12◆Sunny day Holiday◆松任谷由実◆スユアの波◆29◆29◆02◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10001.html◆1997◆草彅剛さん主演のドラマ「成田離婚」(1997年)の主題歌に使われました。◇
■2011/12/13◆さみしさのゆくえ◆荒井由実◆14番目の月◆04◆04◆03◆◆http://itunes.apple.com/jp/album/id394227868◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10714.html◆1976◆◇
■2011/12/14◆雪だより◆松任谷由実◆SURF & SNOW◆10◆10◆10◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10643.html◆1980◆ユーミンファンにとってスキー場といえば苗場。毎年恒例の苗場のコンサートも来年で32回目をむかえます。きっとこの曲のような出会いもたくさんあったことでしょう……。◇
■2011/12/15◆12月の雨◆荒井由実◆MISSLIM◆02◆02◆05◆◆http://itunes.apple.com/jp/album/misslim/id394229441◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10712.html◆1974◆ユーミン初のクリスマス・ソング。コーラスにはシュガー・ベイブ(山下達郎さん、大貫妙子さんなど)が参加。
※本日からユーミンのXmasソングを連日紹介していきます!◇
■2011/12/16◆気ままな朝帰り – As I’m Alone◆松任谷由実◆悲しいほどお天気◆08◆08◆07◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10641.html◆1979◆数あるユーミンのXmasソングの中で埋もれがちですが、この曲にも「クリスマス」が登場します。ご存じでしたか?◇
■2011/12/17◆2人のストリート◆松任谷由実◆DA・DI・DA◆17◆17◆02◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10650.html◆1985◆ちょっぴりはた迷惑な?ケンカを繰り広げるカップルの様子が、クリスマスで賑わうストリートの情景と共に歌われています。◇
■2011/12/18◆Bye bye boy◆松任谷由実◆THE DANCING SUN◆26◆26◆04◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-8600.html◆1994◆曲の前半は「8月の夜明け見たよね」と夏の想い出が、後半は「クリスマスにはしゃいだよね」とクリスマスの想い出が語られます。◇
■2011/12/19◆ダイアモンドダストが消えぬまに◆松任谷由実◆ダイアモンドダストが消えぬまに◆19◆19◆02◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10652.html◆1987◆スキューバダイビングをモチーフに、南半球にて二人で過ごした「真夏のクリスマス」と、ひとりぼっちの(冬の)クリスマスが対照的に歌われている曲。この曲での「ダイアモンドダスト」とは「シャンパンの泡」のこと。◇
■2011/12/20◆3-Dのクリスマスカード◆松任谷由実◆ALARM à la mode◆18◆18◆09◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10651.html◆1986◆彼からもらった3Dのカードに描かれている雪国への憧れが歌われたクリスマス・ソング。◇
■2011/12/21◆Angel Cryin’ X’mas◆松任谷由実◆U-miz◆25◆25◆08◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-8250.html◆1993◆ユーミンにはめずらしいストレート・ロック風味なクリスマス・ソング。◇
■2011/12/22◆Wings of Winter◆松任谷由実◆Wings of Winter, Shades of Summer◆32◆32◆02◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-25000.html◆2002◆ ◇
■2011/12/23◆Northern Lights◆松任谷由実◆Wings of Winter, Shades of Summer◆32◆32◆03◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-25000.html◆2002◆北欧のサンタクロース伝説を“ユーミン流”の解釈で曲にしたそうです。サンタクロースって実は宇宙人かも??◇
■2011/12/24◆ロッヂで待つクリスマス◆松任谷由実◆流線形 '80◆06◆06◆01◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10639.html◆1978◆ユーミンとなじみの深い「苗場」を思い起こさせる風景が歌われていますが、この曲が作られたのは「Surf & Snow in Naeba」がスタートする約2年前のことでした。◇
■2011/12/25◆恋人がサンタクロース◆松任谷由実◆SURF & SNOW◆10◆10◆06◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10643.html◆1980◆もはやクリスマス・ソングの定番と言っても過言ではない(?)この曲は、映画「私をスキーに連れてって」(1987年)にも使用されました。◇
■2011/12/26◆忘れかけたあなたへのメリークリスマス◆松任谷由実◆Cowgirl Dreamin'◆28◆28◆06◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-9830.html◆1997◆日本では25日を過ぎるとクリスマス色が一掃されますが、そんな様子をユーミンは「魔法も解けて街中がもとどおりにかえる」と歌っています。◇
■2011/12/27◆ダイアモンドの街角◆松任谷由実◆ダイアモンドダストが消えぬまに◆19◆19◆08◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10652.html◆1987◆「恋をしなければ見ることのない」情景が美しく綴られているウインター・ソング。◇
■2011/12/28◆GET AWAY◆松任谷由実◆THE DANCING SUN◆26◆26◆05◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-8600.html◆1994◆1994年のKIRIN「LAGAR ビール」のCMに使用されました。◇
■2011/12/29◆一緒に暮らそう◆松任谷由実◆NO SIDE◆16◆16◆05◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10649.html◆1984◆ウインターセールで賑わう街で「一緒に暮らそう」と恋人に突然言い出す主人公、「はじめて二人同時に年とっていく」新年を待ちわびる心情がキュートに歌われたウインターソング。◇
■2011/12/30◆Take me home◆松任谷由実◆KATHMANDU◆27◆27◆02◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-9300.html◆1995◆昨日、本日あたりは帰省による各交通機関の混雑がピークとのこと。帰省される方は道中お気を付けて、そして故郷の「なつかしい匂い」を存分に味わってきてくださいね。◇
■2011/12/31◆Bonne année◆松任谷由実◆Wings of Winter, Shades of Summer◆32◆32◆01◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-25000.html◆2002◆「Bonne année」(ボナネ)とはフランス語で「良いお年を」、「あけましておめでとう」といった新年の挨拶。ということで、皆様、よいお年をお迎えください!◇
■2012/1/1◆A HAPPY NEW YEAR◆松任谷由実◆昨晩お会いしましょう◆12◆12◆10◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10645.html◆1981◆今年も沢山いいことが あなたにあるように いつも いつも…◇
■2012/1/2◆Holiday in Acapulco◆松任谷由実◆ALARM à la mode◆18◆18◆01◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10651.html◆1986◆冒頭のジェット機の効果音がホリデー気分を盛り上げてくれる一曲。お正月休みで海外旅行に出かけた方も多いようです。寝正月組の方はこの曲でリゾート気分をお楽しみください!◇
■2012/1/3◆雪月花◆松任谷由実◆Wings of Winter, Shades of Summer◆32◆32◆06◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-25000.html◆2002◆四季の美しい風物を表す言葉として知られる「雪月花」がタイトルに付けられたこの曲は、再会した二人の過去、そして未来が美しい四季の移り変わりと共に描かれています。◇
■2012/1/4◆ビュッフェにて◆松任谷由実◆昨晩お会いしましょう◆12◆12◆03◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10645.html◆1981◆「ビュッフェ」とは特急電車などで営業していた軽食・ドリンク中心の食堂車。現在は電車の高速化が進み、ほとんど見ることがなくなってしまいました。◇
■2012/1/5◆灯りをさがして◆松任谷由実◆VIVA! 6×7◆33◆33◆06◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-25601.html◆2004◆2004年10月に日本テレビ系で放送された「あの日にかえりたい。〜東京キャンティ物語〜」のイメージソングに使われました。◇
■2012/1/6◆街角のペシミスト◆松任谷由実◆昨晩お会いしましょう◆12◆12◆02◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10645.html◆1981◆1984年にリリースされたビデオ作品「コンパートメント〜TRAIN OF THOUGHT〜」の1曲目にも収録されています。DVD版「コンパートメント〜TRAIN OF THOUGHT〜」"◇
■2012/1/7◆ノーサイド◆松任谷由実◆NO SIDE◆16◆16◆02◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10649.html◆1984◆1980年代のラグビーブームとともに記憶されている一曲。後年「全国高校ラグビー大会」のテーマ曲にも使用されました。◇
■2012/1/8◆恋の苦さとため息と◆松任谷由実◆VIVA! 6×7◆33◆33◆03◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-25601.html◆2004◆昨年のコンサートツアー「Road Show」でこの曲を披露した際には、衣装替えの早さとも相まって客席から歓声があがりました。◇
■2012/1/9◆Many is the time◆松任谷由実◆A GIRL IN SUMMER◆34◆34◆06◆◆http://itunes.apple.com/jp/album/a-girl-in-summer-selected/id392213956◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-25920.html◆2006◆夏のイメージが強いアルバム「A GIRL IN SUMMER」ですが、この曲は雪が静かに降り出す冬を舞台に、別れた恋人を思う主人公の切ない心情が歌われています。◇
■2012/1/10◆今すぐレイチェル◆松任谷由実◆Road Show◆36◆36◆04◆◆http://itunes.apple.com/jp/album/road-show/id426500604◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-27000G.html◆2011◆SF映画の名作「ブレードランナー」にインスパイアされて作った曲。昨年のコンサートツアー「Road Show」では、同じくSF映画の古典「メトロポリス」のアンドロイド“マリア”を彷彿させるような衣装でこの曲を披露しました。◇
■2012/1/11◆何もなかったように◆荒井由実◆14番目の月◆04◆04◆06◆◆http://itunes.apple.com/jp/album/id394227868◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10714.html◆1976◆この歌の中に「シェパード」犬が登場しますが、ユーミン自身当時シェパードを飼っていたそうです。◇
■2012/1/12◆78◆松任谷由実◆悲しいほどお天気◆08◆08◆09◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10642.html◆1979◆タイトルの「78」はタロットカードの枚数を表しています。初詣でおみくじを引いた方もたくさんいらっしゃると思いますが、タロットで今年の運勢を占ってみるのもいいかもしれませんね。◇
■2012/1/13◆誰かがあなたを探してる◆松任谷由実◆DAWN PURPLE◆23◆23◆07◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-6300.html◆1991◆昨今のネット社会を予見したようなサイバーなラブソング。この曲のリリース当時はまだ世にインターネットというものが普及していませんでした。なので「パソコン通信」でのやりとりを描いたものなんですが、当時意味がよくわからなかった方もぜひもう一度聞いてみてください。リアリティーが増すと思いますよ。ということで、サイバースペースでのイベント「Y MODE」は本日よりチケット発売開始です!◇
■2012/1/14◆青い船で◆松任谷由実◆VOYAGER◆15◆15◆04◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10648.html◆1983◆地球を「青い船」に喩えた壮大なスケール感を持つこの曲は、1984年に公開された映画「さよならジュピター」の挿入歌にも使用されました。◇
■2012/1/15◆魔法のくすり◆松任谷由実◆流線形 '80◆06◆06◆05◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10639.html◆1978◆ユーミンの曲には“格言”的なフレーズが含まれているものも多くありますが、この曲の「男はいつも最初の恋人になりたがり 女は誰も最後の愛人でいたいの」は、世の男性女性問わず共感を呼んでいるようです?◇
■2012/1/16◆夢の中で〜We are not alone, forever◆松任谷由実◆スユアの波◆29◆29◆03◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10001.html◆1997◆1997年に角川春樹監督がリメイクした映画「時をかける少女」の主題歌。アルバムに収録された“Album Version”と、主題歌として使用された“映画 Version”(シングル「Sunny day Holiday」のカップリング曲)とでは一部歌詞が違っています。◇
■2012/1/17◆私を忘れる頃◆松任谷由実◆VOYAGER◆15◆15◆09◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10648.html◆1983◆長崎の稲佐山にある展望台をイメージして作られたというこの曲。地元の方はもちろん、旅行で訪れることがあったらぜひこの曲をBGMに日本三大夜景と言われる眺望を楽しんでみてください。あ、でもデートのBGMには似つかわしくないタイトルでしたね……。◇
■2012/1/18◆かんらん車◆松任谷由実◆流線形 '80◆06◆06◆09◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10639.html◆1978◆この曲に登場するかんらん車は、1985年に閉園した二子玉川園にあったものだそうです。歌の中では静かに降り出す雪が「終わりの暗示」となっていますが、エッセイ集「ルージュの伝言」によると、受験生だったユーミンが実際にかんらん車で雪を見た時には、合格を暗示していると思ったそうです。◇
■2012/1/19◆流星の夜◆松任谷由実◆FROZEN ROSES◆30◆30◆11◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-24300.html◆1999◆「ジャコビニ彗星の日」と同様に流星群をモチーフにした曲。この曲のリリース前年には「しし座流星群」が話題になりました。◇
■2012/1/20◆私のフランソワーズ◆荒井由実◆MISSLIM◆02◆02◆09◆◆http://itunes.apple.com/jp/album/misslim/id394229441◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10712.html◆1974◆タイトルの「フランソワーズ」とは「さよならを教えて」のヒット曲で知られるフランスのシンガーソングライター、フランソワーズ・アルディのこと。ユーミンとは以前雑誌の企画で対談したこともあります。◇
■2012/1/21◆真冬のサーファー◆松任谷由実◆流線形 '80◆06◆06◆03◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10639.html◆1978◆この曲に登場する海岸は千葉県犬吠埼あたりとのこと。黒いウェットスーツ(冬だとドライスーツでしょうか?)を着たサーファーたちを「カラスの群れのよう」と歌っています。◇
■2012/1/22◆霧の中の影◆松任谷由実◆VIVA! 6×7◆33◆33◆11◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-25600.html◆2004◆映画「男と女」をイメージして作ったというこの曲。「霧の中って、(車で)どんなに速く走っても何キロで走っているかわからない。別れが訪れるということが既にわかっている男と女が同じ時間を共有しながら、メビウスの輪みたいにネジ曲がった別の時空間にいるという感じを出したかった」プロデューサー談。◇
■2012/1/23◆Misty China Town◆松任谷由実◆TEARS AND REASONS◆24◆24◆05◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-6800.html◆1992◆今日は旧正月。チャイナタウンでもう一度正月気分を味わってくるのもいいかもしれませんね。◇
■2012/1/24◆消息◆松任谷由実◆PEARL PIERCE◆13◆13◆09◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10646.html◆1982◆昨年発売されたユーミンの歌詞集「371+1」では、ユーミンソングが29のテーマに分類されていますが、その中の一つに「ホーム」(HOMEではなくプラットホームの方)があります。この曲もその「ホーム」の中の一曲で、駅のホームで偶然別れた彼を見つけてしまい……、というストーリーが展開されます。◇
■2012/1/25◆時をかける少女◆松任谷由実◆VOYAGER◆15◆15◆10◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10648.html◆1983◆原田知世さん主演映画「時をかける少女」の主題歌として原田さんに提供した楽曲をセルフカバー。アルバム「VOYAGER」のジャケットはこの曲の一節「空は宇宙の海よ」をモチーフとしてデザインされました。◇
■2012/1/26◆街角のペシミスト◆松任谷由実◆昨晩お会いしましょう◆12◆12◆02◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10645.html◆1981◆1989〜1990年に開催された「LOVE WARS TOUR」でこの曲を披露した際、ステージの両サイドに登場したテレビモニターに、等身大のユーミンがそれぞれ映し出され、生のユーミンと共に歌い踊るという演出がなされました。◇
■2012/1/27◆Rāga#3◆松任谷由実◆FROZEN ROSES◆30◆30◆04◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-24300.html◆1999◆サーカスやシンクロナイズドスイミングとのコラボレーションで魅せた画期的なショー「YUMING SPECTACLE SHANGRILA」のために書き下ろされた楽曲。◇
■2012/1/28◆まちぶせ◆松任谷由実◆Cowgirl Dreamin'◆28◆28◆10◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-9830.html◆1997◆元々はアイドル歌手三木聖子さんに提供し、のちに石川ひとみさんが歌い大ヒットした荒井由実時代の曲をセルフカバー。収録アルバムのリリース前年には“荒井由実”名義でシングルCDを先行リリースし、加えて“荒井由実”名義でコンサートもおこない話題になりました。◇
■2012/1/29◆コインの裏側◆松任谷由実◆Road Show◆36◆36◆07◆◆http://itunes.apple.com/jp/album/road-show/id426500604◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-27000G.html◆2011◆昨年開催されたコンサートツアー「Road Show」のアンコールでも披露された曲。そのコンサートはDVD&ブルーレイディスクとして3月14日にリリースされますよ!◇
■2012/1/30◆埠頭を渡る風◆松任谷由実◆流線形 '80◆06◆06◆02◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10639.html◆1978◆2004年まで逗子マリーナで開催されていたサマーリゾートコンサート「Surf & Snow in Zushi marina」で毎回ラストに披露されていたので、つい夏の歌のような気がしてしまいますが、「白いと息」「凍える夜」といった歌詞からすると寒い季節の歌。冬のドライブのBGMにもピッタリです!◇
■2012/1/31◆吹雪の中を◆松任谷由実◆Delight Slight Light KISS◆20◆20◆09◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10653.html◆1988◆歌詞の冒頭に出てくる「Mon chéri」はフランス語で「私の愛しい人」といった意味。英語で言えば「My Darling」ですね。いよいよ来月は「Surf & Snow in Naeba」ですね!車で行かれる方はユーミンのこの曲や他のウインターソングで道中も気分を盛り上げてください!◇
■2012/2/1◆サーフ天国、スキー天国◆松任谷由実◆SURF & SNOW◆10◆10◆08◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10643.html◆1980◆本日からしばらくは苗場月間?として「苗場プリンスホテルCM曲特集」でお届けします。まずは1987〜1988年に使用されたこの曲から。「Surf & Snow in Naeba」のテーマ曲とも言えますね。◇
■2012/2/2◆ガールフレンズ◆松任谷由実◆VOYAGER◆15◆15◆01◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10648.html◆1983◆1989年1月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。2006年にはこの曲のタイトルがつけられた「ユーミンソングミュージカル・ガールフレンズ」が上演されました。◇
■2012/2/3◆届かないセレナーデ◆松任谷由実◆LOVE WARS◆21◆21◆08◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10654.html◆1989◆1989年12月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。
本日からいよいよ「Surf & Snow in Naeba」スタートです!また家にいながら「Surf & Snow」が楽しめる「Y MODE」も本日から始まりますよ!◇
■2012/2/4◆Man in the Moon◆松任谷由実◆天国のドア◆22◆22◆07◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-5900.html◆1990◆1990年12月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。「ジムで鍛えた肉体に どんな女もイチコロ」という歌詞など、それまでのユーミンの楽曲とは随分と違う印象を受けたファンも多かったのでは?
苗場のライブでもとても盛り上がるダンサブルなナンバー。◇
■2012/2/5◆タイムリミット◆松任谷由実◆DAWN PURPLE◆23◆23◆08◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-6300.html◆1991◆1991年12月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。
会場がブリザーディウムとなった初めての「Surf & Snow in Naeba vol. 12」では、オープニング・ナンバーとして歌われました。◇
■2012/2/6◆ミラクル◆松任谷由実◆TEARS AND REASONS◆24◆24◆04◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-6800.html◆1992◆1992年12月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。◇
■2012/2/7◆Oh Juliet◆松任谷由実◆THE DANCING SUN◆26◆26◆09◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-8600.html◆1994◆1994年12月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。
バービー人形を使用した苗場のコマーシャルがとってもキュートでした。
※苗場プリンスホテルのCMは「苗場スキー場50周年」のスペシャルサイトで現在公開されています。"◇
■2012/2/7◆Oh Juliet◆松任谷由実◆THE DANCING SUN◆26◆26◆09◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-8600.html◆1994◆1994年12月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。 バービー人形を使用した苗場のコマーシャルがとってもキュートでした。
※苗場プリンスホテルのCMは「苗場スキー場50周年」のスペシャルサイトで現在公開されています。◇
■2012/2/8◆Broken Barricade◆松任谷由実◆KATHMANDU◆27◆27◆07◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-9300.html◆1995◆1995年12月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。
バービー人形を使ったCMでこの曲が使われました。コピーは「スキーの踊り場、苗場」でした。
※苗場プリンスホテルのCMは「苗場スキー場50周年」のスペシャルサイトで現在公開されています。"◇
■2012/2/9◆別れのビギン◆松任谷由実◆Cowgirl Dreamin'◆28◆28◆05◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-9830.html◆1997◆1996年12月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。
この年もバービー人形を使ったCM。コピーは「プリンセスにはプリンスです。」
※苗場プリンスホテルのCMは「苗場スキー場50周年」のスペシャルサイトで現在公開されています。"◇
■2012/2/10◆パーティーへ行こう◆松任谷由実◆スユアの波◆29◆29◆05◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10001.html◆1997◆1997年12月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。
ケンとバービー使用した最後のCMでした。コピーは「スキーに愛が、ともナエバ。」
※苗場プリンスホテルのCMは「苗場スキー場50周年」のスペシャルサイトで現在公開されています。"◇
■2012/2/11◆groove in retro◆松任谷由実◆Neue Musik◆best◆neuemusik◆14◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-24001.html◆1998◆1999年1月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。
綺麗なスノードームが印象的に使用されたCMでした。コピーは「スキーな人と、ナエバ」。
※苗場プリンスホテルのCMは「苗場スキー場50周年」のスペシャルサイトで現在公開されています。"◇
■2012/2/12◆水槽のJellyfish◆松任谷由実◆VIVA! 6×7◆33◆33◆05◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-25600.html◆2004◆2003年12月〜「苗場プリンスホテル Mt.Naeba」CM使用曲。
華麗に宙を舞うスキーヤー&ボーダー姿のユーミンのCGが登場したCMはファンの間でも話題になりました。◇
■2012/2/13◆Choco-language(ショコランゲージ)◆松任谷由実◆VIVA! 6×7◆33◆33◆04◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-25600.html◆2004◆明日はバレンタインデー。チョコレートの準備は万端ですか?◇
■2012/2/14◆Valentine’s RADIO◆松任谷由実◆LOVE WARS◆21◆21◆01◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10654.html◆1989◆今日はバレンタインデーですね。この曲のようにチョコレートの代わりにラジオのリクエスト曲をプレゼントするというのもシャレてるかも?◇
■2012/2/15◆BLIZZARD◆松任谷由実◆NO SIDE◆16◆16◆04◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10649.html◆1984◆「Surf & Snow in Naeba」でほぼ毎回披露される定番ソング。
今月の3日からスタートした「Surf & Snow in Naeba」も今日がいよいよラスト公演です。観覧される方は思い残すことがないよう、この曲ではじけちゃってください!
あ、Y MODEは来月6日までお楽しみいただけますよ!コース4にお申し込みされた方は本日の最終公演をオンデマンドでご覧になれます。詳しくは>[Y MODE] NET MAGAZINE IN NAEBA 2012"◇
■2012/2/16◆SUGAR TOWNはさよならの町◆松任谷由実◆DA・DI・DA◆17◆17◆04◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10650.html◆1985◆今年は記録的な大雪を観測した地域も多かったですね。この曲はそんな大雪に見舞われ交通機関が麻痺してしまった朝に別れを決めた二人が描かれています。◇
■2012/2/17◆TWINS◆松任谷由実◆acacia◆31◆31◆08◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-24600.html◆2001◆2000年10月〜 NHK教育テレビ海外少年少女ドラマ「アニマル・レスキュー・キッズ」主題歌◇
■2012/2/18◆Josephine◆松任谷由実◆FROZEN ROSES◆30◆30◆07◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-24300.html◆1999◆ユーミンにはめずらしいジャジーなナンバー。◇
■2012/2/19◆Flying Messenger◆松任谷由実◆そしてもう一度夢見るだろう◆35◆35◆04◆◆http://itunes.apple.com/jp/album//id392182591◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-26810.html◆2009◆今日は「万国郵便連合加盟記念日」。ということで、書かずに終った手紙も届けてくれる「Flying Messenger」を今日のユーミンソングにセレクトしてみました。◇
■2012/2/20◆消灯飛行◆松任谷由実◆シングル◆single◆shiokaze◆02◆◆◆◆1977◆「見知らぬ国のビザを持ち……」という歌詞で始まるこの曲は、どこか外国に旅立つ主人公とそれを見送る恋人との別れの情景を描いています。
ちなみに今日は「旅券の日」なんだそうです。◇
■2012/2/21◆時のないホテル◆松任谷由実◆時のないホテル◆09◆09◆02◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10642.html◆1980◆先週まで苗場プリンスホテルで開催された「Surf & Snow in Naeba vol.32」のMCでユーミンは、32年前の初回のライブが昨日のことのように思える自分にとって「このホテルはまるで“時のないホテル”」だと語っていました。◇
■2012/2/22◆Good-bye friend◆松任谷由実◆THE DANCING SUN◆26◆26◆03◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-8600.html◆1994◆1963年のボーイスカウト世界会議によって、2月22日は「世界友情の日」に定められたそうです。ということで、本日は「Good-bye friend」をセレクト。この曲はF1ドライバー、故アイルトン・セナ氏に捧げた曲でもあります。◇
■2012/2/23◆恋人と来ないで◆松任谷由実◆SURF & SNOW◆10◆10◆09◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10643.html◆1980◆今年の「Surf & Snow in Naeba」最終日のリクエスト・コーナーで、この曲がリクエストされ、なんと!リクエストされた方とユーミンがデュエットしてしまいました。その最終日公演の模様はY MODE(コース4)にて、2月25日より配信されますよ!ぜひご覧ください〜◇
■2012/2/24◆So long long ago◆松任谷由実◆acacia◆31◆31◆11◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-24600.html◆2001◆今年は各地で大雪になったので「瞬くまに流れ去るホームには 消え残る雪が眩しく浮かんでた」という情景を目にした方も多かったのではないでしょうか。◇
■2012/2/25◆12階のこいびと◆松任谷由実◆流線形 '80◆06◆06◆10◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10639.html◆1978◆◇
■2012/2/26◆冷たい雨◆松任谷由実◆OLIVE◆07◆07◆07◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10640.html◆1979◆もともとは荒井由実時代にバンバンへ提供した曲で(「『いちご白書』をもう一度」のB面)、後にハイファイセットが歌いヒット。さらにその後ユーミン自身がセルフカバーしました。◇
■2012/2/27◆Escape◆松任谷由実◆A GIRL IN SUMMER◆34◆34◆08◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-25920.html◆2006◆「(アメコミの)ディック・トレイシー風で」というプロデューサーからのアイディアを元に作られた歌詞が、とってもポップな一曲。◇
■2012/2/28◆砂の惑星◆松任谷由実◆THE DANCING SUN◆26◆26◆02◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-8600.html◆1994◆1994年に放送されたTBSドラマ「私の運命」の主題歌に使用されました。ちなみにこのドラマの脚本を手掛けた大石静さんは、3月14日(水)発売の「恋をリリース」が主題歌のドラマ「鈴子の恋」(東海テレビ・フジテレビ系にて現在放送中)の脚本も担当しています。◇
■2012/2/29◆冬の終り◆松任谷由実◆TEARS AND REASONS◆24◆24◆07◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-6800.html◆1992◆一色紗英さん、内田有紀さん、木村拓哉さんらが出演したドラマ「その時、ハートは盗まれた」(フジテレビ系、1992年放送)の主題歌でした。◇
■2012/3/1◆瞳を閉じて◆荒井由実◆MISSLIM◆02◆02◆02◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10712.html◆1974◆長崎県五島列島・奈留高校の校歌として作られたというエピソード、ご存じのファンの方も多いと思います。結局、校歌ではなく愛唱歌として歌い継がれているそうなんですが、今日はその奈留高校の卒業式とのこと。生徒の皆さん、この曲を卒業式でも歌ってくれているのでしょうか。◇
■2012/3/2◆One more kiss◆松任谷由実◆sweet,bitter sweet YUMING BALLAD BEST◆◆sbs◆14◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-24701/◆2001◆北大の植物園で見た雪がモチーフになった曲。つい先日、都心でも「春の雪」が降りましたが、北海道ではまだまだ春の雪というよりは、「冬の雪(?)」といった感じでしょうか。◇
■2012/3/3◆GIRL a go go◆松任谷由実◆Road Show◆36◆36◆09◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-27000/◆2011◆今日は「ひな祭り」。女の子の日ということでこの曲をセレクト。
最近流行の「女子会」って、年に何度も行う「大人のひな祭り」みたいな気もしますね(笑)。 ◇
■2012/3/4◆愛は…I can’t wait for you, anymore◆松任谷由実◆Neue Musik◆best◆neuemusik◆15◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-24001/◆1998◆バックミュージシャンに、ティンパンアレーのメンバーが再集結して作られた曲。◇
■2012/3/5◆出さない手紙◆松任谷由実◆紅雀◆05◆05◆07◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10638/◆1978◆ユーミン・ソングを曲ごとにジャンル分けすると、ウインター・ソングやドライブ・ミュージックなどが多くなると思いますが、「返事はいらない」や「青いエアメイル」「Flying Messenger」など手紙がモチーフになった曲も意外と多いですよね。◇
■2012/3/6◆Rāga#3◆松任谷由実◆FROZEN ROSES◆30◆30◆04◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-24300/◆1999◆1999年に開催された「YUMING SPECTACLE SHANGRILA」では異国のバザールのような演出と共に披露されました。◇
■2012/3/7◆ためらい◆松任谷由実◆時のないホテル◆09◆09◆05◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10642/◆1980◆もともとは荻尾みどりさんへ提供した曲をセルフカバー。また、増田恵子さんや宮崎美子さんなどもカバーしているようです。◇
■2012/3/8◆満月のフォーチュン◆松任谷由実◆天国のドア◆22◆22◆04◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-5900/◆1990◆この曲のプロモーションビデオでは、ユーミン自前のチャイナドレスを何着も披露しています。◇
■2012/3/9◆夜空でつながっている◆松任谷由実◆そしてもう一度夢見るだろう◆35◆35◆09◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-26810/◆2009◆今日は3月9日。39(サンキュー)ということで、「サンキューの日/感謝の日」なんだそうです。ということで、「ありがとう」というフレーズで始まるこの曲を今日のユーミンソングにしてみました。◇
■2012/3/10◆卒業写真◆荒井由実◆COBALT HOUR◆03◆03◆02◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10713/◆1975◆今日あたり、卒業式が行われる学校が多いようです。卒業シーズンといえば、やはりこの曲ですよね!◇
■2012/3/11◆春よ、来い◆松任谷由実◆THE DANCING SUN◆26◆26◆10◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-8600.html◆1994◆この曲は、「東日本大震災」復興チャリティソング「(みんなの)春よ、来い」として一般のみなさんにもコーラスで参加していただき、新たにレコーディングされました。

ユーミンからのコメント:大震災から1年が経ちました。この間に世界中から寄せられた全ての歌声を乗せて「(みんなの)春よ、来い」が完成しました。あの日を忘れないように、そしてあの日から1日も早く1歩踏み出せるようにとの思いを込めて「みんな」で作った歌です。もっと多くの人に聴いてもらい、少しでも厳しい日々を送る人たちの手助けになってほしい、そう願っています。本当のゴールは(春は)、まだまだ先にあると思っています。

▽「(みんなの)春よ、来い」(iTunes Store)
▽「(みんなの)春よ、来い〜2011年秋編」(iTunes Store)
※最終版となる第三弾も近日配信開始予定。◇
■2012/3/12◆Spinning Wheel◆松任谷由実◆FROZEN ROSES◆30◆30◆06◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-24300/◆1999◆この曲でユーミンは「哀しみは思い出に よろこびは知らぬまに消えるけれど きみのため生きている ぼくがいる」と歌っています。◇
■2012/3/13◆最後の春休み◆松任谷由実◆OLIVE◆07◆07◆04◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10640.html◆1979◆この歌のように、今現在“最後の春休み”を過ごされている方はもちろん、随分前に“最後の春休み”を終えられてしまった方にも、この季節にぜひ聞いてもらいたい一曲です。◇
■2012/3/14◆恋をリリース◆松任谷由実◆シングル◆◆koiworelease◆01◆◆http://itunes.apple.com/jp/album/lianworirisu-single/id508018359◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-40395/◆2012◆ユーミン41枚目のシングル「恋をリリース」、本日発売です!(実際には昨日入荷しているCDショップもあるので既にゲット済みの方もたくさんいるかも?)ノリノリのモータウン・ビートはやみつきになること間違いナシです!◇
■2012/3/15◆白い服、白い靴◆松任谷由実◆ALARM à la mode◆18◆18◆04◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10651/◆1986◆今日は日本靴連盟が定めた「靴の日」なんだそうです。ということで、今日はこの曲を選んでみました。◇
■2012/3/16◆So high◆松任谷由実◆TEARS AND REASONS◆24◆24◆08◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-6800.html◆1992◆恋に落ちたばかりの高揚感を歌っているこの曲の歌詞に「季節を告げる夜風の香り」というフレーズがあります。では、いったいこの「季節」とは春夏秋冬のどれなんでしょう?「春」が一番しっくりくると思うんですけど、皆さんはどう思いますか?◇
■2012/3/17◆Invisible Strings◆松任谷由実◆VIVA! 6×7◆33◆33◆10◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-25600/◆2004◆いまや“魔女宅”のテーマソングとしてすっかりお馴染みの「やさしさに包まれたなら」はもともとは不二家のCMソングとして書かれた曲だったんですが、再び不二家から「“やさしさに〜”のイメージで」と依頼され、カントリーマアムのCMソングとして書き下ろしたのがこの曲。◇
■2012/3/18◆まずはどこへ行こう◆松任谷由実◆そしてもう一度夢見るだろう◆35◆35◆02◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-26810.html◆2009◆これからどんどんと暖かくなってきたら、この歌のように“春”を見つけに出かけてみてはどうでしょう。◇
■2012/3/19◆巻き戻して思い出を◆松任谷由実◆FROZEN ROSES◆30◆30◆03◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-24300/◆1999◆1960年代のパンアメリカン航空(通称:パンナム)を舞台にしたTVドラマが昨年アメリカでスタートし話題になりましたが、日本でも某BS局で本日放送が始まるとか。この曲に登場する空港はアメリカというより、フランスのシャルル・ド・ゴール空港のイメージ(ユーミン談)ですが、オシャレな雰囲気が共通しているのでセレクトしてみました。◇
■2012/3/20◆風のスケッチ◆松任谷由実◆シングル「真夏の夜の夢」C/W◆single◆manatsuno◆02◆◆◆◆1993◆今日は春分の日。明日からは夜より昼間の時間がどんどん長くなっていきます。この曲のように“丘にすわってスケッチ”したくなりますね!◇
■2012/3/21◆黄色いロールスロイス◆松任谷由実◆そしてもう一度夢見るだろう◆35◆35◆05◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-26810/◆2009◆この曲ではユーミンと加藤和彦さんがデュエットしています。「コンサートツアー2009 TRANSIT」のWOWOW収録公演(7/17)と東京公演(10/2)では、スペシャルゲストとして加藤さんが登場しデュエットを披露してくれました。◇
■2012/3/22◆SALAAM MOUSSON SALAAM AFRIQUE◆松任谷由実◆NO SIDE◆16◆16◆01◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10649/◆1984◆Tears and Reasons Tour(1992-1993)でユーミンは、窓ガラスの雨粒からインスピレーションを受けてこの曲ができたというエピソードを披露。今日は「世界水の日〜地球と水を考える日」ということなのでこの曲をセレクトしてみました。◇
■2012/3/23◆トランキライザー◆松任谷由実◆LOVE WARS◆21◆21◆06◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10654.html◆1989◆春眠暁を覚えずと言いますが、この曲は報われない恋のために眠れぬ夜を過ごしているヒロインが主人公です。歌の中に登場する「Sandman」とは、魔法の砂の袋を背負った妖精。その砂が目に入るとたちまち眠りに落ちてしまうのだとか。それ故この曲の主人公は「まぶたにその砂を撒いて」と願ってるんですね。◇
■2012/3/24◆ガールフレンズ◆松任谷由実◆VOYAGER◆15◆15◆01◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10648/◆1983◆以前ユーミンがパーソナリティを務めていたオールナイトニッポンの担当ディレクターに“流し雛近藤”さん(ユーミンが命名)という方がおりましたが、本日は旧暦で3月3日。つまり旧暦のひな祭り。鳥取の用瀬では流し雛が行われるそうです。ということで、ちょっと強引ではありますが、“女の子(ガール)の節句”なのでこの曲をセレクト。◇
■2012/3/25◆Uptownは灯ともし頃◆松任谷由実◆LOVE WARS◆21◆21◆05◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10654/◆1989◆「灯ともし頃」〜灯りを点す時間、つまり夕暮れ時を差す言葉ですが、なんとも風情がありますよね。この言葉が生まれた当時点されていたのは、紙燭などの“灯”ですが、現在は電気の“灯”へと時代と共に“灯”も移り変わってきました。1878年の今日、日本で初めて電灯が点されたそうです。◇
■2012/3/26◆Miss Lonely◆松任谷由実◆時のないホテル◆09◆09◆03◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10642.html◆1980◆今年の桜は全国的に遅れているそうですが、「サクラの季節がめぐり来る」のももうすぐですね!◇
■2012/3/27◆ピカデリー・サーカス◆松任谷由実◆そしてもう一度夢見るだろう◆35◆35◆01◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-26810/◆2009◆この曲に出てくる「ファントム」は、1986年にロンドンのウエスト・エンドで初上演されたミュージカル「オペラ座の怪人」のこと。今日は「世界演劇の日」なので、この曲を選んでみました。ちなみにタイトルのピカデリー・サーカスはウエスト・エンドにある広場の名称です(サーカスは円形広場を意味します。曲芸団じゃないので念のため)。◇
■2012/3/28◆リフレインが叫んでる◆松任谷由実◆Delight Slight Light KISS◆20◆20◆01◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10653.html◆1988◆シングル曲ではなかったのに有線放送で1位を獲得した(!)この曲は、1988-1989年に三菱ミラージュのCMソングに使用されました。そのミラージュが十数年ぶりにコンパクトカーとして復活するそうです。本日からタイで発売開始され、年内には国内でも発売されるとか。◇
■2012/3/29◆WANDERERS◆松任谷由実◆LOVE WARS◆21◆21◆02◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10654.html◆1989◆昨日紹介した「リフレインが叫んでる」と同様、この曲も三菱ミラージュのCMソングに使用されましたが、この曲の中に出てくる乗物は自動車じゃなく、オートバイだったりします。◇
■2012/3/30◆瞳はどしゃ降り◆松任谷由実◆TEARS AND REASONS◆24◆24◆03◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-6800/◆1992◆調べてみるとほぼ毎日「○○の日」というのが、史実からもしくは様々な団体によって決められています。で、今日はなんと!「マフィアの日」。ということで、歌詞の中に“マフィア”が登場するこの曲をセレクト。昨年の「CONCERT TOUR 2011 Road Show」(DVD&ブルーレイ、現在発売中!)では、この曲の冒頭部分がとても印象的に歌われています。◇
■2012/3/31◆紙ヒコーキ◆荒井由実◆ひこうき雲◆01◆01◆07◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10711/◆1973◆花粉症の方にとっては、この季節つらい日々となっているかと思いますが、この曲を聴いてせめてイメージの中だけでも爽やかな風を感じていただければと……。◇
■2012/4/1◆最後の嘘◆松任谷由実◆Cowgirl Dreamin'◆28◆28◆08◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-9830/◆1997◆今日はエイプリル・フール。ユーミンソングには「11月のエイプリル・フール」という曲もあるのですが、その紹介は11月にとっておくことにして、“ウソ”繋がりでこの曲をセレクト。ユーミンのインターネット放送、通称“うそラジオ”も絶賛放送中です。下のリンクからどうぞ!◇
■2012/4/2◆経る時◆松任谷由実◆REINCARNATION◆14◆14◆10◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10647.html◆1983◆東京でも先週末に桜の開花宣言がやっと出て、日本各地でも桜が咲き始めましたね。ユーミンの楽曲の中で“桜ソング”と言えば、この曲をあげるファンの方も多いのではないでしょうか。◇
■2012/4/3◆インカの花嫁◆松任谷由実◆DAWN PURPLE◆23◆23◆05◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-6300/◆1991◆今日は「ペルー日本友好の日」とのことで、この曲をセレクト。ユーミンは1989年にインカ帝国の遺跡、ペルーのマチュ・ピチュを訪れています。◇
■2012/4/4◆BABYLON◆松任谷由実◆DA・DI・DA◆17◆17◆03◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10650.html◆1985◆今週から新年度のスタートですね。この曲の主人公のように都会で新生活を始めた方も多いのではないでしょうか。◇
■2012/4/5◆忘れないでね◆松任谷由実◆PEARL PIERCE◆13◆13◆10◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10646/◆1982◆今日の誕生花はワスレナグサ。その花言葉は「私を忘れないで」。ということで今日のユーミンソングはこの曲。◇
■2012/4/6◆中央フリーウェイ◆荒井由実◆14番目の月◆04◆04◆05◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10714/◆1976◆本日から15日まで「春の全国交通安全運動」が実施されるそうです。ドライバーの皆さん、どうぞ日々安全運転で。◇
■2012/4/7◆たとえあなたが去って行っても◆松任谷由実◆DA・DI・DA◆17◆17◆09◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10650.html◆1985◆この曲は別れの曲ですが、曲調も歌詞も力強さを感じさせます。「たとえあなたが去って行っても 今日の空の光を 今日の桜の香りを 苦しいときはいつでもふりかえれる」と歌っています。
東京の桜も満開になりました。◇
■2012/4/8◆ベルベット・イースター◆荒井由実◆ひこうき雲◆01◆01◆06◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10711.html◆1973◆今日はキリスト教の復活祭、イースターですね。ということで今日のユーミンソングはこの曲です。◇
■2012/4/9◆リアリティ◆松任谷由実◆acacia◆31◆31◆04◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-24600/◆2001◆腕枕はする方だけじゃなく、される側も腕が痺れたりするものですが、この曲では「お見合い話も就職もみんな留守録のノイズのよう」に感じ、彼と一緒に寝ているベッド中で「腕の痺れを感じて目覚めてく」状況にリアリティを感じる女性が描かれています。◇
■2012/4/10◆Woman◆松任谷由実◆スユアの波◆29◆29◆09◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10001/◆1997◆1949年に当時の労働省が4月10日を「婦人の日」に制定したそうです。そして1998年に「女性の日」と改称。ということで、今日はこの曲をセレクト。◇
■2012/4/11◆花紀行◆荒井由実◆COBALT HOUR◆03◆03◆03◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10713.html◆1975◆この曲は金沢が舞台。この曲で歌われているように、桜の花びらが「髪に両手に はらはら停まる」ような状況に今日あたりはなっているでしょうか。◇
■2012/4/12◆青い船で◆松任谷由実◆VOYAGER◆15◆15◆04◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10648/◆1983◆1961年の今日、宇宙飛行士ガガーリンが世界初の有人宇宙飛行に成功。「地球は青かった」という言葉はあまりにも有名ですね。ということで、今日のユーミンソングは地球を“青い船”にたとえたこの曲です。◇
■2012/4/13◆LOVE WARS◆松任谷由実◆LOVE WARS◆21◆21◆03◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10654/◆1989◆今日は宮本武蔵と佐々木小次郎の巌流島での決闘に由来した「決闘の日」なんだそうです。ということで本日の一曲は「愛の決闘」ソング。◇
■2012/4/14◆ついてゆくわ◆松任谷由実◆A GIRL IN SUMMER◆34◆34◆10◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-25920/◆2006◆この曲は先行シングルとしてリリースされたバージョンとアルバム収録バージョンとでは歌詞が違っていますが、いずれも歌われている季節は春。特にアルバムバージョンの方は「葉桜の並木が続く坂道」という歌詞があり、より具体的な季節感が感じられます。ちょうど東京の今ぐらいの時期でしょうか。◇
■2012/4/15◆只今最前線突破中◆松任谷由実◆U-miz◆25◆25◆07◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-8250/◆1993◆コンサートツアー「U-live」(1993〜1994)のオープニングではヘリコプターの効果音とともにユーミンが登場し、この曲を披露しました。今日は「ヘリコプターの日」なんだそうです。◇
■2012/4/16◆20 minutes◆松任谷由実◆ALARM à la mode◆18◆18◆08◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10651/◆1986◆スマホをお使いの方なら「Foursquare」というサービスをご存じかもしれません。これは今自分がいる場所を友人と共有できるソーシャルネットワークサービスのひとつなんですが、もしこの曲の主人公がこのサービスを使っていたら20分も待ちぼうけをくらうことはなかったかもしれませんね。ニューヨークでは4月16日が「Foursquareの日」なんだそうです。◇
■2012/4/17◆ワゴンに乗ってでかけよう◆松任谷由実◆SURF & SNOW◆10◆10◆05◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10643/◆1980◆昨今ワゴンと言えば、ファミリー向けというイメージが強いようですが、この歌のようにティラノザウルスを車に描けば子供は大喜びですよね〜。今日は「恐竜の日」なんだそうですよ。◇
■2012/4/18◆Sweet Surrender◆松任谷由実◆FROZEN ROSES◆30◆30◆08◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-24300/◆1999◆サスペンスタッチのラブソング。大人な「不思議の国のアリス」という感じの一曲です。◇
■2012/4/19◆ナビゲイター◆松任谷由実◆シングル◆single◆tooi◆02◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-24701/◆1977◆この曲では「サイドシートにおまえを感じれば 地図がなくても行けると あなたは言う」と歌っていますが、今日は「地図の日」だそうです。◇
■2012/4/20◆ありのままを抱きしめて◆松任谷由実◆Cowgirl Dreamin'◆28◆28◆01◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-9830/◆1997◆この曲の「Don't say no 私を天使みたいに 見ているの」という歌詞を「同性の私を〜」と空ユミしていた人、結構いるらしい……。「空ユミ・アワー」は随時更新中です!◇
■2012/4/21◆あの日にかえりたい◆荒井由実◆YUMING BRAND(ベスト盤)◆best◆yumingbrand◆01◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10715/◆1975◆今日は「民放の日」ということで、ユーミンの曲で初めて民放局ドラマの主題歌(TBS「家庭の秘密」1975年)に使われたこの曲をセレクトしました。◇
■2012/4/22◆時はかげろう◆松任谷由実◆天国のドア◆22◆22◆02◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-5900/◆1990◆一昨年ディズニーシーでのイベントでも披露したこの曲は、ラブソングの形をとってはいますが、とてもアースコンシャスな曲。今日はアースデーだそうです。◇
■2012/4/23◆Lundi◆松任谷由実◆acacia◆31◆31◆10◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-24600/◆2001◆前日に恋人と別れた主人公が月曜日(「Lundi」はフランス語で「月曜日」の意味)の朝、起きがけに読みかけの小説を読むシーンがこの曲には描かれていますが、その本はいったいどんな小説だったんでしょうね。そんなことに思いを巡らせながらこの曲を聴くとより歌の情景が浮かんできそうです。今日はサン・ジョルディの日(本の日)とのことでこの曲を選んでみました。◇
■2012/4/24◆オールマイティー◆松任谷由実◆REINCARNATION◆14◆14◆02◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10647/◆1983◆「恋がシャーベットみたいならいいのに 会えないときは凍らせておけるわ」という歌詞で始まる、とってもポップな曲。日に日に暖かくなってシャーベットがおいしい季節になってきてますよね。◇
■2012/4/25◆ランチタイムが終わる頃◆松任谷由実◆PEARL PIERCE◆13◆13◆03◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10646/◆1982◆4月25日は新年度最初の給料日、つまり新入社員が初めてお給料をもらう日ということで「ファーストペイデー」と呼ばれているそうです。ということでOLが主人公のこの曲を選んでみました。ちなみにこの歌の中に出てくる公園は日比谷公園のイメージなんだそうですよ。◇
■2012/4/26◆Age of our innocence◆松任谷由実◆acacia◆31◆31◆01◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-24600/◆2001◆2001年の「acacia」ツアーでは、スターゲイザーと名付けられた円形トラスの照明が「渾天儀」のように動く迫力ある演出とともにこの曲が披露されました。◇
■2012/4/27◆Baby Pink◆松任谷由実◆KATHMANDU◆27◆27◆04◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-9300/◆1995◆春は出会いの季節。この曲の主人公のように恋の病で眠れぬ夜を過ごしている人も多いかも?◇
■2012/4/28◆あなたに届くように◆松任谷由実◆A GIRL IN SUMMER◆34◆34◆05◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-25920/◆2006◆この曲はNHK「探検ロマン世界遺産」のテーマ曲に使用されました。ところで今日からいよいよゴールデンウィーク!世界各地の世界遺産も日本人観光客で賑わっているのでしょうか。◇
■2012/4/29◆Midnight Train◆松任谷由実◆Cowgirl Dreamin'◆28◆28◆07◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-9830/◆1997◆今年のゴールデンウイーク中の過ごし方で、一番多いのは旅行かと思いきや、自宅で過ごす人が多いそうです。そこで景気回復のために(?)、「旅に出よう」といざなってくれるこの曲を選んでみました。ただし、その旅は“傷心旅行”だったりするんですけども……。◇
■2012/4/30◆航海日誌◆荒井由実◆COBALT HOUR◆03◆03◆06◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10713/◆1975◆ここ数年シルバー世代を中心に豪華客船によるクルーズ旅行が人気だそうです。ユーミンも1983〜1991年に「Marry Xmas from YUMING」と題したワンナイトクルーズのイベントを開催していました。船上で聞くにはぴったりのこの曲も、イベント内のライブで何度か披露しています。◇
■2012/5/1◆水の影◆松任谷由実◆時のないホテル◆09◆09◆09◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10642/◆1980◆歌詞に描かれている情景から、水の都・ベネチアをイメージされる方も多いと思います。ベネチアといえば、1987年に世界遺産に登録されていますが、この曲は先日紹介した「あなたに届くように」と同様、NHK「探検ロマン世界遺産」で挿入歌として使用されました。◇
■2012/5/2◆Dangerous tonight◆松任谷由実◆そしてもう一度夢見るだろう◆35◆35◆08◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-26810/◆2009◆見知らぬ相手との恋のアバンチュールを“いろは歌”を交えて歌ったちょっぴりセクシーな曲。◇
■2012/5/3◆acacia[アカシア]◆松任谷由実◆acacia◆31◆31◆06◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-24600.html◆2001◆日本でアカシアと呼ばれているのは「ニセアカシア」が多いそうですが、そろそろそのニセアカシアが咲く季節。この曲のように旅先で「銀の花が散ってる」情景に出会った人もいるのではないでしょうか。◇
■2012/5/4◆緑の町に舞い降りて◆松任谷由実◆悲しいほどお天気◆08◆08◆03◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10642.html◆1979◆この曲の歌詞の中に「MORIOKAというその響きがロシア語みたいだった」という一節があります。それ故、盛岡の“ご当地ソング”としてファンの間では有名。また、いわて花巻空港にはこの曲の歌碑が設置されています。◇
■2012/5/5◆バトンリレー◆松任谷由実◆Road Show◆36◆36◆10◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-27000/◆2011◆ユーミンの曲のそのほとんどはラブソングですが、この曲は同じ「ラブ」でも恋愛ではなく「親子愛」が描かれています。今日は「こどもの日」なのでこの曲を選んでみました。◇
■2012/5/6◆そのまま◆荒井由実◆ひこうき雲◆01◆01◆10◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10711/◆1973◆ユーミンが中学生の頃の話。友人が書いた英語の歌詞に曲を付けて欲しいと頼まれ作曲したのですが、「イメージが合わない」と友人から却下されてしまいました。実は歌詞の中の「bitch」をスラング(あばずれの意)だと思わずに普通に「犬(雌犬)」だと思い込んで作曲してしまったのが原因だったのですが、その後ユーミン自身で歌詞を付け直したのがこの曲なんだそうです。◇
■2012/5/7◆月曜日のロボット◆松任谷由実◆ダイアモンドダストが消えぬまに◆19◆19◆01◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10652.html◆1987◆ゴールデンウイークも終わってしまいました。今日から仕事に復帰された方も多いと思います。でもまだまだ休みボケで、この曲の主人公のように“レスキュー”して欲しいと思ってる人も多そうですよね。◇
■2012/5/8◆ハルジョオン・ヒメジョオン◆松任谷由実◆紅雀◆05◆05◆02◆◆◆https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-10638.html◆1978◆この曲のタイトルは漢字でそれぞれ「春紫菀」「姫女菀」と書くそうです。春紫菀は4月〜5月にかけて、姫女菀は5〜8月あたりに咲くそうなので、両方の花を同時に見るなら5月がチャンスということになりますね。◇
■2012/5/9◆CHINESE SOUP◆荒井由実◆COBALT HOUR◆03◆03◆07◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10713/◆1975◆ユーミン自身初のディナーショーが本日より三日間ホテルオークラ東京にて開催されます。ユーミンソングの中でディナー関連(?)の曲として真っ先に浮かんだのがこの曲という人も多いのでは?果たして「CHINESE SOUP」は歌われるでしょうか?◇
■2012/5/10◆Glory Birdland◆松任谷由実◆天国のドア◆22◆22◆05◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-5900/◆1990◆生まれ変わり現代で再び出会う恋人同士を歌ったファンタジックな一曲です。◇
■2012/5/11◆時のカンツォーネ◆松任谷由実◆スユアの波◆29◆29◆08◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10001/◆1997◆原田知世さんに提供しユーミン自身もセルフカバーしている「時をかける少女」(アルバム「VOYAGER」収録)の歌詞に全く別のメロディーをつけたこの曲は、1997年公開の映画「時をかける少女」(角川春樹監督版)の主題歌でした。◇
■2012/5/12◆まぶしい草野球◆松任谷由実◆SURF & SNOW◆10◆10◆04◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10643/◆1980◆梅雨入り前のこの時期は暑からず寒からず、外でスポーツするには最適なシーズンですね。◇
■2012/5/13◆Happy Birthday to you〜ヴィーナスの誕生◆松任谷由実◆DAWN PURPLE◆23◆23◆01◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-6300/◆1991◆男女間の恋模様を描いた曲が多いユーミンソングの中で、“出産”がテーマのこの曲はちょっと異色かもしれません。本日は「母の日」ということで、偉大なる母たちにこの曲を贈ります。◇
■2012/5/14◆110°F◆松任谷由実◆acacia◆31◆31◆03◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-24600/◆2001◆今日は「°F」の単位のいわれとなっているガブリエル・ファーレンハイトの誕生日にちなんだ「温度計の日」ということで、この曲をセレクト。ちなみにタイトルの「110°F」(華氏110度)は摂氏に換算すると43.3度!だそうです。◇
■2012/5/15◆翳りゆく部屋◆荒井由実◆YUMING BRAND(ベスト盤)◆best◆yumingbrand◆10◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10715/◆1976◆先週開催された「Real Dinner Show 時間の旅」でもMCでユーミンが語っていましたが、まだデビュー前に初めて作ったのがこの曲だったそうです。ところで昨年発売した「Yuming Box」にはこの曲と「潮風にちぎれて」のセルフカバーCDが特典として入ってましたが、「荒井由実時代に初めて作った曲」、「松任谷由実になってから初めて作った曲」という理由で選曲されました。◇
■2012/5/16◆愛と遠い日の未来へ(映画ヴァージョン)◆松任谷由実◆虹色ほたる〜永遠の夏休み〜(オリジナル・サウンドトラック)◆◆nijiirohotaru◆01◆◆http://itunes.apple.com/jp/album/hong-sehotaru-yong-yuanno/id525235238◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-29009/◆2012◆松任谷正隆が音楽監修をつとめる映画「虹色ほたる〜永遠の夏休み〜」のオリジナル・サウンドトラックが本日に発売になります。ということで今日のユーミンソングはこのサントラ盤にも収録されている映画主題歌「愛と遠い日の未来へ(映画ヴァージョン)」。今週末に公開になる映画を見に行く前に、このサントラCDで「虹色ほたる」の世界を是非味わってみてください。◇
■2012/5/17◆あなただけのもの◆荒井由実◆MISSLIM◆02◆02◆06◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10712/◆1974◆コーラスワークがとてもソウルフルな荒井由実時代のナンバー。山下達郎さん、矢野顕子さん(当時は鈴木顕子名義)、吉田美奈子さん、大貫妙子さんという今では考えられない豪華なミュージシャンがコーラスに参加しています。◇
■2012/5/18◆千一夜物語◆松任谷由実◆DAWN PURPLE◆23◆23◆06◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-6300/◆1991◆この曲の収録アルバム「DAWN PURPLE」と連動したツアー(1991〜1992年)では、蛍光色が妖しく光る衣装でサイケデリックな映像とともに激しいダンスを踊りながらこの曲を披露しました。◇
■2012/5/19◆Weaver of Love〜ORIHIME◆松任谷由実◆KATHMANDU◆27◆27◆11◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-9300/◆1995◆先日紹介したユーミンの新曲「愛と遠い日の未来へ」が主題歌になっている映画「虹色ほたる〜永遠の夏休み〜」がいよいよ本日から全国ロードショー!ところで以前にも“ほたる”を題材にしたアニメ映画の主題歌をユーミンが手掛けていたことご存じですか?それが今日のユーミンソング。「PiPi とべないホタル」の主題歌でした。◇
■2012/5/20◆私らしく◆松任谷由実◆TEARS AND REASONS◆24◆24◆06◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-6800/◆1992◆この曲の「しがみついて諦めながら失ってゆくより/痛いほどのさよならにして/覚えていたかった」という歌詞がユーミン自身とても気に入っているそうです。◇
■2012/5/21◆〜ノーサイド・夏〜空耳のホイッスル◆松任谷由実◆NO SIDE◆16◆16◆10◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10649/◆1984◆今日の話題といえば、やはり金環日食ですね。今日のユーミンソングは季節的にはまだ先の歌ですが、空を舞うボールが太陽を横切る様子を「日食」と表現しているこの曲を選んでみました。◇
■2012/5/22◆手のひらの東京タワー◆松任谷由実◆昨晩お会いしましょう◆12◆12◆07◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10645/◆1981◆東京の新しいランドマーク、「東京スカイツリー」が本日オープン。ユーミンソングにはいわゆる“ご当地ソング”として、その土地のランドマークを歌った曲がありますが、その代表格に「手のひらの東京タワー」があります。某不動産会社が昨年末に行ったアンケートによると「東京のシンボルは?」という質問に対し「東京タワー」と回答した人が8割近くいたとか。東京タワーもまだまだ人気が高いようです。◇
■2012/5/23◆夢を忘れたDreamer◆松任谷由実◆Road Show◆36◆36◆08◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-27000/◆2011◆タイトルは「夢を忘れたDreamer」ですが、それでもなお希望を持ち続け、前に一歩踏み出そうとする女性を描いた曲です。◇
■2012/5/24◆Mysterious Flower (Album Ver.)◆松任谷由実◆Road Show◆36◆36◆02◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-27000/◆2011◆ニンテンドー3DS用ゲームソフト「レイトン教授と奇跡の仮面」のテーマソングとして書き下ろした曲。ゲーム中には、なんと「ユーミン」という名前のキャラクターも登場。また、その「ユーミン」や主役のレイトン教授などゲーム中のキャラが“出演”するプロモーションビデオも作成されました。◇
■2012/5/25◆大連慕情◆松任谷由実◆水の中のASIAへ◆11◆11◆03◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10644/◆1981◆この曲の冒頭に「アカシアのかおりが 今も少し漂う」という歌詞がありますが、大連では今日から「大連アカシア祭」が開催されるそうです。曲中に登場する“父”が“母”宛に手紙を出したのもちょうど今くらいの時期だったのでしょうか。◇
■2012/5/26◆少しだけ片想い◆荒井由実◆COBALT HOUR◆03◆03◆08◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10713/◆1975◆昨年のツアー「Road Show」では、サビの「いつだって I Love You More Than You〜」の箇所をシングアウト形式で観客と一緒に歌いました。◇
■2012/5/27◆遠い旅路◆松任谷由実◆シングル◆single◆tooi◆01◆◆◆◆1977◆松任谷夫妻の仲人だったTBSのディレクター福田新一氏からの依頼で、時代劇ドラマの主題歌として書き下ろしたものの、結局使われなかったといういわく付きのシングル曲でした。ちなみに福田氏は荒井由実時代のヒット曲「あの日にかえりたい」が主題歌として使用されたドラマのディレクターでもありました。◇
■2012/5/28◆真珠のピアス◆松任谷由実◆PEARL PIERCE◆13◆13◆02◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10646/◆1982◆ファンから送られてきた“日記”の中に書かれていたエピソードを元に作られた曲。アルバムに収録されているアレンジはバラード調ですが、ライブではアップテンポのダンサブルなアレンジで披露しています。◇
■2012/5/29◆KATHMANDU◆松任谷由実◆KATHMANDU◆27◆27◆01◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-9300/◆1995◆1993年にユーミンは“エベレストを見る”ため、その玄関口でもあるカトマンドゥを雑誌の取材で訪れています。その旅からインスピレーションを受け、2年後に作られたのがこの曲です。◇
■2012/5/30◆スラバヤ通りの妹へ◆松任谷由実◆水の中のASIAへ◆11◆11◆01◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10644/◆1981◆この曲に出てくる「妹みたい」な少女にはモデルがいたそうです。東南アジアを旅した際に知り合った女の子で、英語が少しできるという点は歌と同じですが、歳は19才でなんと3人の子持ちだったそうです。◇
■2012/5/31◆午前4時の電話◆松任谷由実◆NO SIDE◆16◆16◆07◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10649/◆◆「U-Live」ツアー(1993-1994)では、バスローブ姿でこの曲を歌いました。この曲の前には、なんと!入浴シーンも披露しておりました。◇
■2012/6/1◆TUXEDO RAIN◆松任谷由実◆ダイアモンドダストが消えぬまに◆19◆19◆05◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10652/◆1987◆6月と言えば「ジューン・ブライド」、そして梅雨のシーズンということで、「結婚」「雨」がモチーフになった曲をメインに紹介していきます。そこで今日のユーミンソングは、雨降る深夜の街角での二人きりの結婚式を描いた曲、ユーミン自身とても気に入っているという「TUXEDO RAIN」です。◇
■2012/6/2◆Song For Bride◆松任谷由実◆acacia◆31◆31◆09◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-24600/◆2001◆今日のユーミン・ソングは、高校時代からの親友の結婚を祝福するという、披露宴で新婦の友人が歌うのにぴったりな曲です。実際にこの歌を披露宴で歌った方もいるのではないでしょうか。◇
■2012/6/3◆ANNIVERSARY◆松任谷由実◆LOVE WARS◆21◆21◆10◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10654/◆1989◆結婚式の定番曲とも言えるこの曲は、もともと雲母社のOマネージャーが結婚する際にユーミンがプレゼントした曲でした。ただし、Oマネージャーは「木漏れ日がライスシャワーのように」という歌詞の「ライスシャワー」が判らず、“脱穀機から米がダァーッと噴出される様子”だと思ったそうです。いったいどんな木漏れ日を想像していたんでしょう?◇
■2012/6/4◆結婚式をブッ飛ばせ◆松任谷由実◆スユアの波◆29◆29◆07◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10001/◆1997◆ジューン・ブライドにはあまり相応しくない?この曲、「レジェンド・オブ・スユア」ツアー(1998)では、ロングのウエディングドレスがミニスカートとなる早替え演出とともに披露しました。◇
■2012/6/5◆結婚ルーレット◆松任谷由実◆VOYAGER◆15◆15◆02◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10648/◆1983◆ライブでこの曲が披露される際は、「ハートブレイク」と繋げて演奏されることが多く、キュートな振り付けが定番になっています。◇
■2012/6/6◆雨のステイション◆荒井由実◆COBALT HOUR◆03◆03◆09◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10713/◆1975◆西立川駅をイメージしたこの曲は、2006年に西立川駅の発車メロディに使用されました。当初、期間限定とのことでしたが、好評のため現在も引き続き使用されています。◇
■2012/6/7◆7TRUTHS 7LIES 〜ヴァージンロードの彼方で◆松任谷由実◆acacia◆31◆31◆13◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-24600/◆2001◆先行シングルとして発売された際は、カップリング曲として「Song For Bride」の他に、旧作から「ANNIVERSARY」と「TUXEDO RAIN」も収録され、ウェディング・ソング集といったイメージで発売されました。◇
■2012/6/8◆よそゆき顔で◆松任谷由実◆時のないホテル◆09◆09◆06◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10642/◆1980◆この曲中に「観音崎の歩道橋〜」という歌詞がありますが、「観音崎」とは横須賀市にある岬の名前。歌詞に出てくる“歩道橋”を探しに、観音崎あたりまでドライブしたファンの方も多いようです。◇
■2012/6/9◆シンデレラ・エクスプレス◆松任谷由実◆DA・DI・DA◆17◆17◆07◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10650/◆1985◆JR東海のCMソングして記憶されている方が多いと思いますが、もともとは「シンデレラ・エクスプレス」を扱ったドキュメント番組のテーマソングとして書き下ろされました。その番組をJRの社員の方が見て、「ぜひCMに!」ということでコマーシャルが作られました。◇
■2012/6/10◆輪舞曲(ロンド)◆松任谷由実◆KATHMANDU◆27◆27◆06◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-9300/◆1989◆松本明子さん主演のドラマ「たたかうお嫁さま」(日本テレビ・1995年)の主題歌として書き下ろされました。◇
■2012/6/11◆続 ガールフレンズ◆松任谷由実◆ダイアモンドダストが消えぬまに◆19◆19◆07◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10652/◆1995◆小説や映画には、続編というのはよくありますが、歌の世界ではちょっと珍しいかもしれません。文字通り「ガールフレンズ」(アルバム「VOYAGER」収録)の続編的位置づけの曲です。◇
■2012/6/12◆霧雨で見えない◆松任谷由実◆ダイアモンドダストが消えぬまに◆19◆19◆10◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10652/◆1987◆麗美さんへの提供曲(ファーストアルバム「REIMY」収録・1984年)をセルフカバー。三菱自動車「新型ミラージュ」のCMソングにも使用されました。◇
■2012/6/13◆白い朝まで◆松任谷由実◆紅雀◆05◆05◆08◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10638/◆1978◆歌詞に登場する「都会の公園」は、御茶ノ水駅と神保町駅のちょうど中間くらいのところにある「錦華公園」という小さな公園がモデルだそうです。明治大学も隣接するこの公園は、荒井由実時代にバンバンヘ提供した「『いちご白書』をもう一度」のモチーフにもなっています。◇
■2012/6/14◆グループ◆松任谷由実◆昨晩お会いしましょう◆12◆12◆09◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10645/◆1981◆学生時代の友人の結婚披露パーティで、元カレとの再会を期待するヒロインの心情を歌った曲です。披露宴や二次会、またクラス会などで再会したクラスメイト同士が結婚するという話、実際にあったりしますよね。◇
■2012/6/15◆心ほどいて◆松任谷由実◆LOVE WARS◆21◆21◆04◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10654/◆1989◆結婚式に元カレが遅れてやってきて……といったシチュエーションで始まる、結構ワケありなユーミン・ソング。この曲をアンプラグドスタイルで披露する際は、ギター担当の中川雅也さん、市川祥治さん、ベース担当の田中章弘さんがコーラスを担当。コーラス部分の歌詞にちなんで「Far away隊」とユーミンが名付けました(笑)。◇
■2012/6/16◆たぶんあなたはむかえに来ない◆荒井由実◆MISSLIM◆02◆02◆08◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10712/◆1974◆昨年のツアー「RoadShow」では、傘を使ったダンスと共に歌いました。後奏部分で開いた状態の傘を空中で一回転させキャッチする高難度な技?も披露したのですが、全73公演中一度だけ傘を落としてしまうアクシデントがありました。ユーミンはとても悔しがっていましたが、たった一度のミスをご覧になったお客さんはある意味ラッキーだったかも知れませんね。◇
■2012/6/17◆A(エース)はここにある◆松任谷由実◆天国のドア◆22◆22◆03◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-5900/◆1990◆今年の苗場では「恋をリリース」「虹の下のどしゃ降りで」といったナンバーとともに、60年代のシュープリームスを彷彿させるような衣装とダンスで披露しました。◇
■2012/6/18◆セシルの週末◆松任谷由実◆時のないホテル◆09◆09◆01◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10642/◆1980◆「煙草は14から」「なんだってくすねて来た」ような不良少女が「本気でおこる不思議な人」と出会い、真実の愛に目覚めていくストーリーをフランス映画のようなタッチで描いた曲です。◇
■2012/6/19◆雨に消えたジョガー◆松任谷由実◆時のないホテル◆09◆09◆04◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10642/◆1980◆死の病に冒されている陸上選手に想いを寄せる主人公の心情を歌った曲です。歌詞に出てくる「Myelogenous Leukemia(ミエロジェーナス ロイケミア)」は骨髄性白血病のこと。◇
■2012/6/20◆Called Game◆松任谷由実◆Cowgirl Dreamin'◆28◆28◆09◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-9830/◆1997◆野球をモチーフにしたユーミンの曲と言えば「まぶしい草野球」を思い浮かべるファンの方が多いと思いますが、この曲では恋愛模様を野球の試合になぞらえて描いています。ただし「まぶしい草野球」と違って、悲しくつらい別れの曲なのですが。◇
■2012/6/21◆ハートブレイク◆松任谷由実◆VOYAGER◆15◆15◆06◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10648/◆1983◆この曲には定番の振り付けがありますが、ベースになっているのは1984年にリリースされたビデオ「コンパートメント」。「THE LAST WEDNESDAY TOUR」(2006年)では「コンパートメント」のシーンをダンサーとともに再現しました(埼玉公演&東京アンコール公演のみ)。◇
■2012/6/22◆Nobody Else◆松任谷由実◆Delight Slight Light KISS◆20◆20◆02◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10653/◆1988◆この曲がライブで披露される際にはとても印象的な演出が付けられることが多いです。オープニングナンバーに使われた「THE DANCING SUN TOUR」(1994-1995)ではユーミンはセンターステージの中央からクルクル回りながら登場、「Surf & Snow in zushi-marina vol.11」(1991)では派手なレーザー光線を使った演出と共に披露。今年の苗場でも幻想的なライティングと共に歌い上げました。◇
■2012/6/23◆哀しみのルート16◆松任谷由実◆A GIRL IN SUMMER◆34◆34◆03◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-25920/◆2006◆「ルート16、国道16号線というのは、横浜や横須賀と厚木、座間の基地を結ぶ米軍の物資を輸送する軍用道路でした。八王子の生まれで、基地も近かったし、私があの頃感じた独特のキッチュ感を、歌に織り込んで・・・・。」ユーミン談◇
■2012/6/24◆不思議な体験◆松任谷由実◆VOYAGER◆15◆15◆05◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10648/◆1983◆1947年の今日、アメリカで初めてUFOが目撃されたということで6月24日は「UFOの日」だそうです。ということで、今日のユーミン・ソングは、ユーミン版「未知との遭遇」とも言えるこの曲。◇
■2012/6/25◆わき役でいいから◆松任谷由実◆水の中のASIAへ◆11◆11◆04◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10644/◆1981◆この曲が収録されているアルバム「水の中のASIAへ」は、LP盤と同じサイズ(30㎝)であるものの、当時としては珍しい4曲入り45回転レコードであったため、通常のLPと同様の33回転で再生し「男が歌っている!」と勘違いした人が結構いたそうです(笑)。◇
■2012/6/26◆ダンデライオン〜遅咲きのたんぽぽ◆松任谷由実◆VOYAGER◆15◆15◆03◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10648/◆1983◆結婚披露宴で使われるユーミンソングとして「ANNIVERSARY」「守ってあげたい」あたりが定番でしょうが、この「ダンデライオン」も結構人気のようです。ユーミン自身もミュージシャン杉真理さんの結婚式などで歌ったことがあります。◇
■2012/6/27◆パジャマにレインコート◆松任谷由実◆ALARM à la mode◆18◆18◆03◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10651/◆1986◆このアルバム「ALARM à la mode」がリリースされる前年に発売されたシングル「メトロポリスの片隅で」のカップリング曲にもなっています。◇
■2012/6/28◆Home Townへようこそ◆松任谷由実◆Delight Slight Light KISS◆20◆20◆05◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10653/◆1988◆Y MODE2008のリクエストライブでこの曲を披露した際に明かされた仰天?裏話。松任谷プロデューサーはこの曲の主人公が「ダサくて嫌い」だったっとか。しかも作者であるユーミン自身も「(彼の故郷を)“ホントに田舎ね、ここは”とか言っちゃうイヤな女なんだよね(笑)」と発言。そう言われてみれば、そう思えなくもない??◇
■2012/6/29◆哀しみをください◆松任谷由実◆acacia◆31◆31◆02◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-24600/◆2001◆日本画を思わせるような描写が印象的な一曲。歌詞冒頭の「さみだれ」(五月雨)は陰暦5月頃の雨、新暦で言うとちょうど6月頃の雨、梅雨の意味になります。◇
■2012/6/30◆NIGHT WALKER◆松任谷由実◆REINCARNATION◆14◆14◆03◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10647/◆1983◆「私のことを傷つけてつらいと ひとに云わないで すぐにすぐに忘れてしまうのに」という主人公の心情や、通り雨が降る夜更けの街の描写が美しくも切ない失恋ソングです。◇
■2012/7/1◆July◆松任谷由実◆U-miz◆25◆25◆09◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-8250/◆1993◆雨上がりの朝の公園、雨粒がビーズのように連なる蜘蛛の巣……。7月の風景が美しく描かれた曲です。◇
■2012/7/2◆川景色◆松任谷由実◆REINCARNATION◆14◆14◆05◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10647/◆1983◆ここ数年のツアーや苗場でのライブで恒例?となっているシングアウト。全観客参加型の演出ということでいうと、1994年の苗場でのこの曲が最初だったかも知れません。その時はシングアウトではなくハンドクラップによる参加でした。◇
■2012/7/3◆この愛にふりむいて◆松任谷由実◆U-miz◆25◆25◆04◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-8250/◆1993◆別れた相手への思いを断ち切れない、“後引き”系な失恋ソング。◇
■2012/7/4◆曇り空◆荒井由実◆ひこうき雲◆01◆01◆02◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10711/◆1973◆この曲のサビ部分「昨日は曇り空〜」のパートで男性の声によるハモリが入ってますが、この声、誰だか判りますか?って、ファンの皆さんならご存じですよね。◇
■2012/7/5◆返事はいらない◆荒井由実◆返事はいらない◆single◆henjiwairanai◆01◆https://yuming.co.jp/discography/single/single01/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-25350/◆1972◆アルバム「ひこうき雲」に収録されているこの曲は、記念すべきユーミンのデビューシングルの曲でもあります。ちょうど今から40年前の今日、7月5日がこの「返事はいらない」の発売日でした。プロデュースはかまやつひろしさん、参加ミュージシャンには高橋幸宏さんなど。翌年のキャラメルママのサポートによる「ひこうき雲」収録バージョンとは違うアレンジになっています。◇
■2012/7/6◆5cmの向う岸◆松任谷由実◆時のないホテル◆09◆09◆07◆https://yuming.co.jp/discography/album/original09/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10642/◆1980◆「『アガサ愛の失踪事件』というすごく好きな映画があったの。(中略)ダスティン・ホフマンが探偵っていうことを知らずに(バネッサ・レッドグレーブ演じる)アガサ・クリスティがワルツを踊るとこがあるのよ。するとね、背が全然違うんだよね。バネッサ・レッドグレーブの方が高くて、わーこういうダンスってかっこいいなと思ったわけ。その映画の雰囲気がすごくロンドンぽかったの。(中略)だからこの曲も『時のないホテル』に入れちゃったの。自分の中では統一取れてたから。」(松任谷由実著「ルージュの伝言」より)◇
■2012/7/7◆Weaver of Love〜ORIHIME◆松任谷由実◆KATHMANDU◆27◆27◆11◆https://yuming.co.jp/discography/album/original27/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-9300/◆1995◆タイトル中の「ORIHIME」からわかるように、ユーミン版「七夕物語」的な一曲。アニメ映画「PIPI とべないホタル」の主題歌としても使用されました。◇
■2012/7/8◆Corvett 1954◆松任谷由実◆流線形 '80◆06◆06◆07◆https://yuming.co.jp/discography/album/original06/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10639/◆1978◆「この車のために免許をとろう」と思うくらい気に入ったCorrvettを見た際に作った曲だそうです。ただし、その車は1954年型ではなかったとか(1954年はユーミンの生まれ年ですね)。ちなみにデュエット相手は来生たかおさんです。◇
■2012/7/9◆潮風にちぎれて◆松任谷由実◆シングル◆single◆shiokaze◆01◆https://yuming.co.jp/discography/single/single08/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-24701/◆1977◆ユーミンソングの中では数少ない“オリジナルアルバムに収録されていないシングル曲”の中の一曲。ファンの間で隠れた人気曲でもあるこの曲は、現在シングル盤の入手は難しい状況ですが、ベスト盤(「SEASONS COLOURS -春夏撰曲集-」「sweet, bitter sweet YUMING BALLAD BEST」)にて聞くことができます。◇
■2012/7/10◆サンドキャッスル◆松任谷由実◆DAWN PURPLE◆23◆23◆09◆https://yuming.co.jp/discography/album/original23/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-6300/◆1991◆はかなく消えた自分たちの関係を「砂のお城に住んでたプリンセスとプリンス」に例えた失恋ソング。◇
■2012/7/11◆やさしさに包まれたなら◆荒井由実◆MISSLIM◆02◆02◆03◆https://yuming.co.jp/discography/album/original02/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10712/◆1974◆もともとは「不二家ソフトエクレア」のCMソングとして書かれた曲でしたが、今ではジブリ映画「魔女の宅急便」の主題歌として老若男女問わず親しまれているユーミンの代表曲となりました。また、この曲はたくさんのアーティストにカバーされていますが、先日ユーミンが曲提供した芦田愛菜ちゃんも昨年この曲をカバーしたそうです。◇
■2012/7/12◆ホタルと流れ星◆松任谷由実◆天国のドア◆22◆22◆06◆https://yuming.co.jp/discography/album/original22/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-5900/◆1990◆最後のデートの日をむかえたカップルのホタルのように短くはかない恋を描いた失恋ソング。◇
■2012/7/13◆SWEET DREAMS◆松任谷由実◆ダイアモンドダストが消えぬまに◆19◆19◆04◆https://yuming.co.jp/discography/album/original19/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10652/◆1987◆本格的なプロモーションビデオが初めて作られた曲。ロケ場所は新宿のとある映画館だったそうです。その中でユーミンは映画の編集者に扮し、「あなたがいたら-少女リンダ-」(1987年)というイギリス映画の映像がところどころに差し挟まれています。またこの曲は三菱自動車ミラージュのCMソングにも使用されました。◇
■2012/7/14◆ひとつの恋が終るとき◆松任谷由実◆Road Show◆36◆36◆01◆https://yuming.co.jp/discography/album/original36/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-27000/◆2011◆昨年のツアー「Road Show」のオープニングナンバーだったこの曲は、3D映像のスペシャルプロモーションビデオが作られ、ドコモの3D対応スマートフォン向けに特別配信されました。ちなみにロケ場所はUSJだったそうです。◇
■2012/7/15◆虹の下のどしゃ降りで◆松任谷由実◆A GIRL IN SUMMER◆34◆34◆07◆https://yuming.co.jp/discography/album/original34/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-25920/◆2006◆この曲にはパパイヤ鈴木さんによるとてもキュートな振り付けが付けられ、プロモーションビデオにはパパイヤさんやおやじダンサーズのメンバーも登場。また「THE LAST WEDNESDAY TOUR」(2006)のアンコール公演では、パパイヤさんがゲスト出演し、ユーミンやダンサーと共にこの曲を披露しました。◇
■2012/7/16◆Blue Rain Blue◆松任谷由実◆FROZEN ROSES◆30◆30◆05◆https://yuming.co.jp/discography/album/original30/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-24300/◆1999◆失恋ソングではあるけれど、「そう とても悲しいけど そう なぜかとても自由」「雨よ雨 パラパラと 音をたてて 送り出して 次の私」と、悲しいだけじゃないポジティブな想いが歌われています。◇
■2012/7/17◆夕闇をひとり◆松任谷由実◆昨晩お会いしましょう◆12◆12◆04◆https://yuming.co.jp/discography/album/original12/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10645/◆1981◆この曲はシングル盤としても、アルバム「昨晩お会いしましょう」と同日発売されました。アルバム「昨晩お会いしましょう」はヒプノシス制作によるアートワークが話題になりましたが、シングル盤「夕闇をひとり」のジャケットはアルバムジャケットのバージョン違いになっています。◇
■2012/7/18◆遠雷◆松任谷由実◆DAWN PURPLE◆23◆23◆03◆https://yuming.co.jp/discography/album/original23/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-6300/◆1991◆梅雨の終わり頃に雷が鳴ることが多いそうですが、この曲はそんな梅雨の終わりを告げる遠雷が鳴り響く頃に別れてしまった恋人たちを描いています。
昨日、四国〜関東地方は梅雨明けしましたが、今週はまだ不安定な天気になることが多いとか。この曲のように、遠雷の音を耳にすることがあるかも知れませんね。◇
■2012/7/19◆情熱に届かない〜Don’t Let Me Go◆松任谷由実◆DAWN PURPLE◆23◆23◆02◆https://yuming.co.jp/discography/album/original23/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-6300/◆1991◆この曲のプロモーションビデオは、「水辺の夕暮れ時」を表現すべく床に水を張ったスタジオで撮影されたのですが、その水面の波の動きと照明のタイミングを合わせるのにスタッフはとても苦労したそうです。◇
■2012/7/20◆丘の上の光◆松任谷由実◆悲しいほどお天気◆08◆08◆05◆https://yuming.co.jp/discography/album/original08/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10642/◆1979◆アルバム「悲しいほどお天気」に収録されている曲には日本語タイトル以外に英語のタイトルが付けられています。この曲の英語タイトルは「Silhouettes」。単なる直訳じゃないところがポイントですね。◇
■2012/7/21◆ただわけもなく◆松任谷由実◆Wings of Winter, Shades of Summer◆32◆32◆04◆https://yuming.co.jp/discography/album/original32/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-25000/◆2002◆アサヒ飲料「旨茶」のCMソングに使用されたこの曲は、収録アルバム「Wings of Winter, Shades of Summer」発売前の同年7月に開催された「YUMING SURF&SNOW in Zushi Marina vol.16」にて、リリースに先駆けて披露されました。◇
■2012/7/22◆海に来て◆松任谷由実◆A GIRL IN SUMMER◆34◆34◆02◆https://yuming.co.jp/discography/album/original34/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-25920/◆2006◆先日放送されたNHK Eテレ「YUMINGのSUPER WOMAN〜スペシャル・プロローグ〜」でユーミンは「(波打ち際に立った時の)足が持って行かれる感じって浮遊感がいいわよね」と語ってましたが、この曲の歌詞にも「素足は引き潮に埋もれて 心はあなたへ寄せてゆく」とあります。「“際”が好き」とも語っていたユーミンだけに、この曲以外にも「波打ち際」の様子を描写した曲は、「天気雨」「潮風にちぎれて」「サンドキャッスル」など、いくつかありますよね。◇
■2012/7/23◆天気雨◆荒井由実◆14番目の月◆04◆04◆07◆https://yuming.co.jp/discography/album/original04/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10714/◆1976◆この曲はテレビ番組「遠くへ行きたい」(読売テレビ制作)に出演した際、番組のロケ中に作られました。歌詞にも登場するゴッデス、その後ライブの開催地となる逗子マリーナなど湘南エリアをまわりながら曲を作り、ドルフィンで歌詞をまとめ上げ、横浜中華街のピアノバーで出来たばかりの「天気雨」を披露したそうです。◇
■2012/7/24◆ホームワーク◆松任谷由実◆LOVE WARS◆21◆21◆07◆https://yuming.co.jp/discography/album/original21/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10654/◆1989◆学校は既に夏休み。夏休みと言えば忘れちゃならないのが「宿題」ですね。といってもこの曲で歌われているのは「恋の宿題(ホームワーク)」。学校の宿題より楽しいかと思いきや、この曲の主人公にとっては「かなり苦手な問題」のようです。◇
■2012/7/25◆二人のパイレーツ◆松任谷由実◆U-miz◆25◆25◆10◆https://yuming.co.jp/discography/album/original25/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-8250/◆1993◆歌詞の中に「グラスの中はトパーズの潮騒……」というフレーズのあるこの曲は、キリンラガービールのCMソングに使用されました。そう言えばビールの色ってトパーズっぽいですよね。◇
■2012/7/26◆海を見ていた午後◆荒井由実◆MISSLIM◆02◆02◆04◆https://yuming.co.jp/discography/album/original02/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10712/◆1974◆この曲の中に登場するレストラン「ドルフィン」が実在するということはファンの皆さんならご存じだと思いますが、この店の中でソーダ水のグラスをかざして貨物船を探している人がいたら間違いなくユーミンファンですね(笑)。◇
■2012/7/27◆人魚になりたい◆松任谷由実◆SURF & SNOW◆10◆10◆03◆https://yuming.co.jp/discography/album/original10/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10643/◆1980◆以前逗子マリーナで開催されていたコンサート「Surf & Snow in Zushi marina」は、プールを使った演出が特徴のひとつでしたが、1995年のライブでこの曲を披露した際には、エスター・ウィリアムズ*主演の水中レビュー映画ばりにダンサーが水中パフォーマンスを繰り広げました。この演出はその後の逗子ライブやシャングリラにおけるシンクロナイズドスイミングとのコラボの原点ともいえます。(* 1940-50年代に活躍した元競泳選手でもある米女優)◇
■2012/7/28◆星空の誘惑◆松任谷由実◆REINCARNATION◆14◆14◆04◆https://yuming.co.jp/discography/album/original14/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10647/◆1983◆ユーミンが作る歌詞には印象的な独特のフレーズが多々ありますが、この曲の「オレンヂのトンネルの中は 横顔がネガのようだわ」もそのひとつではないでしょうか。実際、トンネルの中のオレンジのランプに照らされると、人肌は緑っぽく見えますよね。◇
■2012/7/29◆入江の午後3時◆松任谷由実◆流線形 '80◆06◆06◆08◆https://yuming.co.jp/discography/album/original06/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10639/◆1978◆アルバム発売前にシングルとしてもリリースされました。この曲についてユーミンは「『入江の午後3時』っていうのはね、油壺っていう感じなのよね。あそこ午後三時っていう雰囲気じゃない?」と自叙伝「ルージュの伝言」の中で語ってます。◇
■2012/7/30◆灼けたアイドル◆松任谷由実◆SURF & SNOW◆10◆10◆02◆https://yuming.co.jp/discography/album/original10/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10643/◆1980◆かつてみんなで遊んだビーチを見ながら、人気者だった“灼けたアイドル”を思い出す主人公。「ああ 時にゆられて 誰もかれも いつか淋しい 大人になってゆく」と嘆きながらも、それに抗う気持ちを「まだ すっぱいパイナップルでいたい」と歌っています。◇
■2012/7/31◆Summertime◆松任谷由実◆VIVA! 6×7◆33◆33◆08◆https://yuming.co.jp/discography/album/original33/◆◆◆2004◆「私なりの『ブルース』というか…ブルーノートは自分の中に全くないと思っているので手を染めなかったんだけれど、なんか作ってみたくなって。」「夢うつつの状態で、恋の苦しみのために眠れないという歌詞。今年(2004年)は酷暑で外で物凄い蝉の声が聞こえていたから、そんなことも影響として出たかもしれない」ユーミン談(アルバムリリース時)。◇
■2012/8/1◆ひまわりがある風景◆松任谷由実◆VIVA! 6×7◆33◆33◆09◆https://yuming.co.jp/discography/album/original33/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-25601/◆2004◆「この曲の詞を書く時点でアルバムタイトルが決まっていたので、カメラに関するフレーズが入ってきていますね。」「『フェミニン』『中間色』というアルバムのテイストからは外れる曲かなと思ったんだけれど、いい頃合でアクセントになったと思います。」ユーミン談◇
■2012/8/2◆悲しいほどお天気◆松任谷由実◆悲しいほどお天気◆08◆08◆06◆https://yuming.co.jp/discography/album/original08/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10641/◆1979◆私小説風のこの曲に登場する「上水沿いの小道」の上水は玉川上水がモデル。
「ああいうところで写生するといいなあって感じたの。ツタなんかがワーッて下がっているところで、キャンバスを立てて、イーゼルとか立てて描いてるのって印象派の感じがするでしょう。光と影の感じじゃない?だからこの曲は、印象派の絵を描いている学生たちを印象派でとらえている絵みたいな曲。」(自伝「ルージュの伝言」より)◇
■2012/8/3◆Painting the sea◆松任谷由実◆Wings of Winter, Shades of Summer◆32◆32◆07◆https://yuming.co.jp/discography/album/original32/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-25000/◆2002◆小さな岬でキャンバスに向かい海辺の風景を描いている……といった美大出身のユーミンならではの歌詞。メグミルクのCMソングにも使用されました。◇
■2012/8/4◆真夏の夜の夢◆松任谷由実◆U-miz◆25◆25◆03◆https://yuming.co.jp/discography/album/original25/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-8250/◆1993◆カラオケでも根強い人気のこの曲は、TBSドラマ「誰にも言えない」の主題歌として書き下ろされました。当初の仮タイトルは「カリビアン・ナイト」。ドラマのプロデューサー貴島誠一郎氏が、曲やドラマのイメージから「真夏の夜の夢」と命名。◇
■2012/8/5◆PARTNERSHIP◆松任谷由実◆シングル◆single◆partnership◆01◆https://yuming.co.jp/discography/single/single33/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-24600/◆2001◆ロンドンオリンピックも残すところあと1週間。日本選手のさらなる活躍を祈念して、本日は2000年、日本テレビのシドニーオリンピック番組のイメージソングのために作られたこの曲を選びました。がんばれ、ニッポン!◇
■2012/8/6◆ずっとそばに◆松任谷由実◆REINCARNATION◆14◆14◆08◆https://yuming.co.jp/discography/album/original14/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10647/◆1983◆1993年公開のアニメーション映画「Coo 遠い海から来たクー」の主題歌に使用されました。◇
■2012/8/7◆稲妻の少女◆松任谷由実◆OLIVE◆07◆07◆09◆https://yuming.co.jp/discography/album/original07/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10640/◆1979◆ユーミンは今までに何曲も「サーフ・ミュージック」を手掛けてきていますが、この曲もその一曲。コーラスパートに出てくる「Lightning Bolt」は日本語に訳すと「稲妻」ですが、有名なサーフ・ブランドの名前でもあったりします。◇
■2012/8/8◆ハートの落書き◆松任谷由実◆そしてもう一度夢見るだろう◆35◆35◆03◆https://yuming.co.jp/discography/album/original35/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-26810/◆2009◆本日から高校野球が開幕。ということで、野球部員に想いを寄せていた主人公の心情を描いたこの曲を今日のユーミン・ソングに選んでみました。◇
■2012/8/9◆セイレーン◆松任谷由実◆スユアの波◆29◆29◆01◆https://yuming.co.jp/discography/album/original29/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10001/◆1997◆セイレーンとは、この曲の歌詞にもあるように「船乗りを惑わす哀しい声」を持つ伝説上の生物。ギリシャ神話では半人半鳥とされてますが、現在イメージされるのは半人半魚、つまり人魚のような姿が一般的ですね。ところで、ユーミンも大好きなスターバックスのロゴマーク、あれもセイレーンがモチーフなんだそうです。◇
■2012/8/10◆恋の一時間は孤独の千年◆松任谷由実◆TEARS AND REASONS◆24◆24◆09◆https://yuming.co.jp/discography/album/original24/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-6800/◆1992◆もともと麗美さんへの提供曲(1984年)として発表済みだったこともあり、自身でアルバムに収録する前の1987年に「Surf & Snow in Zushi marina vol.8」で「残暑」(同じく麗美さんへの提供曲)と共に披露したこともありました。◇
■2012/8/11◆永遠が見える日◆松任谷由実◆VIVA! 6×7◆33◆33◆07◆https://yuming.co.jp/discography/album/original33/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-25601/◆2004◆「(歌詞の中に)『♪あなたがいて私がいた 夜空の中に』というフレーズがあるけれど、群衆の中に消えてしまいつつも、そこに二人が花火をバックに画面にポーン!と浮かんじゃう、そんなイメージかな。」ユーミン談◇
■2012/8/12◆Carry on◆松任谷由実◆TEARS AND REASONS◆24◆24◆10◆https://yuming.co.jp/discography/album/original24/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-6800/◆1992◆いよいよロンドンオリンピックも本日で閉幕。“金の炎が燃える”聖火も閉会式と共に消されます。参加された全ての選手に感謝と祝福を込めてこの曲を捧げます。◇
■2012/8/13◆昔の彼に会うのなら◆松任谷由実◆PEARL PIERCE◆13◆13◆08◆https://yuming.co.jp/discography/album/original13/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10646/◆1982◆“元カレ”に会うなら、いつ、どこで、何をしようかな、とあれこれ思い描いた末に、「夢はさわらぬ方がいい」と締めくくるちょっぴりコミカルで結構切ないホリデー・ソング。◇
■2012/8/14◆Blue Planet◆松任谷由実◆A GIRL IN SUMMER◆34◆34◆01◆https://yuming.co.jp/discography/album/original34/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-25920/◆2006◆「サーファーたちへの賛歌ですが、困難に出くわしても繰り返し繰り返し努力を重ね、何か大きなもの、未知のもの、至福の時を目指して立ち向かっていく人にもあてはまる歌です。それって、日頃、私自身が考えていることだし、この歌は私自身の今の気持ちを表現した歌でもあります。」ユーミン談◇
■2012/8/15◆時空のダンス◆松任谷由実◆A GIRL IN SUMMER◆34◆34◆11◆https://yuming.co.jp/discography/album/original34/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-25920/◆2006◆三菱自動車未来形スモール『i(アイ)』のCMソングとして書き下ろしたこの曲について「未来カーというテーマをきっかけに、神秘性と幻想的なイメージを重ねあわせて書いたコズミック・サーフィン・ソングです。伝説の波に果敢に挑むサーファーが、荒れ狂う海に立ち向かうように、ひらめきに導かれ、未知の世界に飛び込んで行く。それに愛し合うのは男と女だけでなく、波を抱く、海と、自然と一体化する。そんなエコロジーな意味も思い浮かべました。」とユーミンは語ってます。◇
■2012/8/16◆避暑地の出来事◆荒井由実◆14番目の月◆04◆04◆08◆https://yuming.co.jp/discography/album/original04/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10714/◆1976◆伊勢丹のCMソングとして書かれた曲。実際にCMソングとして使われたバージョンは「YOU ARE MY SUNSHINE」というタイトルで、伊勢丹CMソングコンピレーションCD「ISETAN Songs Collection 1972-1986」に収録されています。ちなみにこのCMのディレクターは、後にユーミンのステージの演出を担当する黒田明氏でした。◇
■2012/8/17◆青春のリグレット◆松任谷由実◆DA・DI・DA◆17◆17◆08◆https://yuming.co.jp/discography/album/original17/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10650/◆1985◆麗美さんに提供した曲をセルフカバー。麗美さんバージョンはミディアムテンポのフレンチポップス風。それにに対して、ユーミンバージョンはノリノリなアップテンポ。コンサートでも大盛り上がりする一曲です。◇
■2012/8/18◆SATURDAY NIGHT ZOMBIES◆松任谷由実◆ダイアモンドダストが消えぬまに◆19◆19◆06◆https://yuming.co.jp/discography/album/original19/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10652/◆1987◆夏と言えば怪談!ということで、今日のユーミン・ソングはユーミン流ホラー・ソング。といっても内容はコミカルで全然怖くありません。安心してお聴きいただけます(笑)。◇
■2012/8/19◆Rodeo◆松任谷由実◆Wings of Winter, Shades of Summer◆32◆32◆05◆https://yuming.co.jp/discography/album/original32/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-25000/◆2002◆この曲が収録されている「Wings of Winter, Shades of Summer」は当初“Surf & Snow Vol.2”として制作が開始され、最終的にはユーミンがイメージする“近未来の精神的リゾート”というコンセプトを持ったトータルアルバムとして完成しました。◇
■2012/8/20◆DANG DANG◆松任谷由実◆PEARL PIERCE◆13◆13◆07◆https://yuming.co.jp/discography/album/original13/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10646/◆1982◆ライブでは、指をピストルの形にして打ち抜く振り付けがとても印象的なこの曲。1984年に作成されたビデオクリップ集「コンパートメント」にも収録されています。◇
■2012/8/21◆8月の日時計◆松任谷由実◆FROZEN ROSES◆30◆30◆09◆https://yuming.co.jp/discography/album/original30/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-24300/◆1999◆“誰かを本当に愛した時に気づく孤独”を8月の浜辺の風景と共に描いたサマーソング。◇
■2012/8/22◆TROPIC OF CAPRICORN◆松任谷由実◆VOYAGER◆15◆15◆08◆https://yuming.co.jp/discography/album/original15/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10648/◆1983◆“太陽も折り返えす遠い海”をさすらう恋人たちを情熱的に描いた一曲。タイトルの「TROPIC OF CAPRICORN」は、直訳すれば「やぎ座の回帰線」、つまり「南回帰線」を意味しています。◇
■2012/8/23◆夕涼み◆松任谷由実◆PEARL PIERCE◆13◆13◆05◆https://yuming.co.jp/discography/album/original13/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10646/◆1982◆まだまだ暑い日が続く毎日ですが、この歌のように洗車したり、水撒きしたり、涼を取るちょっとした工夫をしながら、残りの夏を楽しみたいですね。◇
■2012/8/24◆ハートはもうつぶやかない◆松任谷由実◆REINCARNATION◆14◆14◆09◆https://yuming.co.jp/discography/album/original14/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10647/◆1983◆ライブでも盛り上がりそうな曲調ですが、意外にも過去あまり歌われてなかった曲。昨年の苗場で久々の披露となりました(「SURF & SNOW in naeba vol.31」Bパターン)。「SURF & SNOW in Naeba vol.10」以来でしたので、実に21年ぶりのことでした。◇
■2012/8/25◆Hello, my friend◆松任谷由実◆THE DANCING SUN◆26◆26◆06◆https://yuming.co.jp/discography/album/original26/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-8600/◆1994◆フジテレビ系ドラマ「君といた夏」(1994年)の主題歌として書き下ろした曲。実は、当初プレゼンした「Good-bye friend」が、フジの亀山プロデューサーからの「オープニングは明るくはじけたい」という注文によりNGに。そして作り直したのが「Hello, my friend」でした。また「Good-bye friend」も挿入歌として使用されました。◇
■2012/8/26◆カンナ8号線◆松任谷由実◆昨晩お会いしましょう◆12◆12◆06◆https://yuming.co.jp/discography/album/original12/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10645/◆1981◆「中央フリーウェイ」「埠頭を渡る風」「リフレインが叫んでる」「哀しみのルート16」など、ユーミンのドライブミュージックは実在するエリアが舞台になっているものが幾つかありますが(ちなみに前述の曲はそれぞれ中央高速、晴海埠頭、長者ヶ崎付近、国道16号線)、この曲も環状8号線が歌われています。今でも中央分離帯にカンナの花は燃えてゆれているのでしょうか。◇
■2012/8/27◆Bueno Adios◆松任谷由実◆そしてもう一度夢見るだろう◆35◆35◆06◆https://yuming.co.jp/discography/album/original35/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-26810/◆2009◆ユーミンの曲としてはめずらしいタンゴ調のナンバー。「ただタンゴのリズムを借りてきたというだけじゃない、日本語ポップスとして洗練された表現を目指した」(ユーミン談)。◇
■2012/8/28◆MIDNIGHT RUN◆松任谷由実◆acacia◆31◆31◆05◆https://yuming.co.jp/discography/album/original31/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-24600/◆2001◆「ずっときみが好きだったって言いたかった/でもそれだけはどうしても言えなかった」と、恋に破れた男性が主人公のロック・ナンバー。◇
■2012/8/29◆Judas Kiss◆松任谷由実◆そしてもう一度夢見るだろう◆35◆35◆07◆https://yuming.co.jp/discography/album/original35/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-26810/◆2009◆歌詞中に“あなたは砂漠のオアシス”というフレーズがありますが、「砂漠、好きなんですよね。アルミの食器も熱い砂でこすれば滅菌される。そんな潔さに惹かれる」とユーミンは語ってます。◇
■2012/8/30◆Summer Junction◆松任谷由実◆acacia◆31◆31◆07◆https://yuming.co.jp/discography/album/original31/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-24600/◆2001◆三菱自動車「軽自動車キャンペーン」CMソングに使用されました(2000年12月〜)。◇
■2012/8/31◆ようこそ輝く時間へ◆松任谷由実◆PEARL PIERCE◆13◆13◆01◆https://yuming.co.jp/discography/album/original13/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10646/◆1982◆先日放送されたNTV系情報番組「ZIP!」内のインタビューで、帝劇公演「8月31日〜夏休み最後の日」にちなんで夏休みの想い出について尋ねられたユーミンはこの曲の歌詞を交えつつ、「“バターの香り”(遊園地のポップコーンの匂い)は、なんか夏の終わりの気がします。」と返答していました。ちなみに演出の松任谷正隆によると、帝劇公演では「“夏休み”の曲は外した」とのことなので、この曲が歌われる可能性は低そう?◇
■2012/9/1◆月夜のロケット花火◆松任谷由実◆DA・DI・DA◆17◆17◆06◆https://yuming.co.jp/discography/album/original17/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10650/◆1985◆ファンの間では逗子のイメージがあるとのことで、「(かつて逗子マリーナで開催されていた)Surf & Snow in Zushi marinaで聴きたい曲は?」というアンケートを取ると上位にランクインしていましたが、実際に歌われたのは1986年と2002年の2回のみでした。◇
■2012/9/2◆甘い予感◆松任谷由実◆OLIVE◆07◆07◆05◆https://yuming.co.jp/discography/album/original07/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10640/◆1979◆恋が始まる“甘い予感”を描いたラブソング。アン・ルイスさんへの提供曲をセルフ・カバーしました。◇
■2012/9/3◆夏は過ぎてゆき◆松任谷由実◆Road Show◆36◆36◆05◆https://yuming.co.jp/discography/album/original36/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-27000/◆2011◆ロッカバラード調の失恋ソング。昨日紹介した「甘い予感」の歌詞に“夏がゆく頃に 恋もおわるって だれがきめた 悲しいこと 私 信じない”という一節がありますが、この曲では残念ながら夏とともに恋が終わってしまいました。◇
■2012/9/4◆太陽の逃亡者◆松任谷由実◆VIVA! 6×7◆33◆33◆02◆https://yuming.co.jp/discography/album/original33/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-25601/◆2004◆「田島くん(=田島貴男さん)が歌っている部分は、最初は女性の歌詞として出来上がっていたの。でもそれだとちょっとクールすぎるかな、ってことになったんですね。詞の物語性が高い分、女性が歌う“一人称”に物語を語る“三人称”が入ってくると、突き放した感じになってしまう。それならいっそ駆け落ちの歌だし、男の声が必要だということになって。『(ボーカルは)田島くんがいい!』って、最初から言ってたんですよ。彼はユニークですよね、あの方向で男っぽいって言うのは日本人の男性ミュージシャンではいないんじゃないかな。実は当初、もっと男っぽく歌ってもらっていたんですが、最終的には抑えた感じにしてもらいました。」ユーミン談◇
■2012/9/5◆もうここには何もない◆松任谷由実◆A GIRL IN SUMMER◆34◆34◆04◆https://yuming.co.jp/discography/album/original34/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-25920/◆2006◆「夜明けの海、国道のノイズが聞こえてきそうな海の情景が思い浮かびました。最後の別れの朝。倒れた砂時計。止まった時間。それがこの歌のすべてを象徴しています。“未来はいつも 後から来ては全てをさらってゆく”という歌詞がありますが、それは、『acacia(アケイシャ)』の頃から再び考え始めた過去、現在、未来、時間の経過についてのことをテーマにしたものです。」ユーミン談◇
■2012/9/6◆9月の蟬しぐれ◆松任谷由実◆DAWN PURPLE◆23◆23◆10◆https://yuming.co.jp/discography/album/original23/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-6300/◆1991◆今年の関東地方は9月に入ってから気温は高いもののスカッと晴れることがなく、蟬の声もあまり聞かれないようです。あなたの街ではどうでしょうか◇
■2012/9/7◆LATE SUMMER LAKE◆松任谷由実◆ダイアモンドダストが消えぬまに◆19◆19◆09◆https://yuming.co.jp/discography/album/original19/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10652/◆1987◆ユーミンの曲には気象や天候が盛り込まれているものが多々ありますが、この曲もそういった曲のひとつ。この曲の間奏部分、CD(レコード)では「9月7日薄曇り。湖に降りてみる。水が冷たくなってきたようだ。」といった天候を綴った日記が読み上げられていますが、ライブでは雲や雷をイメージしたスモークや照明の特効などで曲の世界観を演出しています。◇
■2012/9/8◆太陽と黒いバラ◆松任谷由実◆Road Show◆36◆36◆06◆https://yuming.co.jp/discography/album/original36/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-27000/◆2011◆オルケスタ・デ・ラ・ルスへの提供曲をセルフ・カバー。2011年4月に放送されたフジテレビ系「僕らの音楽」ではこの曲をオルケスタ・デ・ラ・ルスとコラボしました。◇
■2012/9/9◆残暑◆松任谷由実◆天国のドア◆22◆22◆08◆https://yuming.co.jp/discography/album/original22/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-5900/◆1990◆麗美さんへの提供曲をセルフカバーしました。夏の歌ではありますが、夏開催の逗子コンサートで披露したのはセルフカバーする以前の1987年のみ。一方冬の苗場コンサートでは過去3回ほど歌っています(1991、2001、2007年)。◇
■2012/9/10◆晩夏(ひとりの季節)◆荒井由実◆14番目の月◆04◆04◆10◆https://yuming.co.jp/discography/album/original04/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10714/◆1976◆夏の終わりの夕暮れ時の空を「空色は水色に 茜は紅に」「藍色は群青に 薄暮は紫に」と美しく綴ったサマー・ソング。◇
■2012/9/11◆航海日誌◆荒井由実◆COBALT HOUR◆03◆03◆06◆https://yuming.co.jp/discography/album/original03/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10713/◆1975◆近年ライブで披露する機会が多くなりました。その中でも、2003年の「SHANGRILA II」でユーミンがゴンドラに乗り込み、ステージ上空を移動しながらの熱唱シーンは憶えているファンの方も多いのではないでしょうか。◇
■2012/9/12◆サファイアの9月の夕方◆松任谷由実◆TEARS AND REASONS◆24◆24◆02◆https://yuming.co.jp/discography/album/original24/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-6800/◆1992◆「(米ロサンジェルスに)グリフィスという天文台があるのだけど、9月の空がすごく綺麗で。(9月の誕生石でもある)サファイア色で抜けるような紺と夕焼けとのグラデーション、それと夜景がまるでUFOが飛び交う絨毯のように高台から見えるんですよ」(TOKYO FM「Sweet Discovery」2010年9月26日放送より。ロサンジェルスで誕生したユーミンソングについて)◇
■2012/9/13◆TYPHOON◆松任谷由実◆VOYAGER◆15◆15◆07◆https://yuming.co.jp/discography/album/original15/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10648/◆1983◆台風もユーミンの手にかかると、とてもロマンティックな気象現象になってしまいますね。◇
■2012/9/14◆さよならハリケーン◆松任谷由実◆ALARM à la mode◆18◆18◆10◆https://yuming.co.jp/discography/album/original18/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10651/◆1986◆昨日紹介した「TYPHOON」(台風)は北西太平洋などで発生する熱帯低気圧で、主に大西洋で発生する熱帯低気圧をハリケーンと呼びます。ちなみにインド洋などで発生するのはサイクロンといいますが、ユーミンソングに「サイクロン」を歌った曲は今のところありません。◇
■2012/9/15◆タワー・サイド・メモリー◆松任谷由実◆昨晩お会いしましょう◆12◆12◆01◆https://yuming.co.jp/discography/album/original12/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10645/◆1981◆神戸が舞台のこの曲は、神戸公演でのダブル(トリプル)コールの定番曲にもなってます。ちなみに「ポートピアも終わればただの夜に戻って」という歌詞がありますが、1981年の9月15日が閉幕日だったそうです。◇
■2012/9/16◆キャサリン◆松任谷由実◆流線形 '80◆06◆06◆06◆https://yuming.co.jp/discography/album/original06/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10639/◆1978◆「『キャサリン』っていうのは(米軍)基地の友達だった子で、どこかへ強制送還になってさ、また戻ってきた子のこと。でもそのときにはもう、全然話が合わなかったとか、そういう経験かもね。」(ユーミン自叙伝「ルージュの伝言」より)◇
■2012/9/17◆シーズンオフの心には◆松任谷由実◆SURF & SNOW◆10◆10◆07◆https://yuming.co.jp/discography/album/original10/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10643/◆1980◆ユーミン・ソングには珍しいハワイアン風アレンジ。夏の終わりのリゾート地を舞台にした、かりそめの恋が描かれています。◇
■2012/9/18◆HOZHO GOH(ホジョンゴ)◆松任谷由実◆U-miz◆25◆25◆02◆https://yuming.co.jp/discography/album/original25/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-8250/◆1993◆タイトルはアメリカの先住民ナバホ族の言葉で「THE WAY OF BEAUTY(美しい生き方)」といった意味だそうです。また、そのナバホ族の雨乞いに似た歌詞が付いたこの曲はユーミンとしてはめずらしいプロテスト・ソングになってます。◇
■2012/9/19◆DESTINY◆松任谷由実◆悲しいほどお天気◆08◆08◆04◆https://yuming.co.jp/discography/album/original08/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10642/◆1979◆言わずと知れたユーミンの数ある代表曲のひとつ。コンサートでも定番の曲になっています。もちろん、11月20日発売の40周年ベスト「日本の恋と、ユーミンと。」にも収録されます!◇
■2012/9/20◆COBALT HOUR◆荒井由実◆COBALT HOUR◆03◆03◆01◆https://yuming.co.jp/discography/album/original03/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10713/◆1975◆Surf & Snow in Zushi marina Vol.9(1988年)のアンコールでこの曲を披露した際、ユーミンはプール中央に設置されたミニステージに突如噴水と共に登場したのですが、実は観客に気づかれないように水中をダイビング用のボンベで息をしながら潜水し、ミニステージまで移動したのだとか。◇
■2012/9/21◆白日夢・DAY DREAM◆松任谷由実◆シングル◆single◆hakujitsumu◆01◆https://yuming.co.jp/discography/single/single15/◆◆◆1980◆TBS系列で放送されていた朝の情報番組「おはよう700」内キャラバンコーナーのテーマ曲に使用されました(1980年)。◇
■2012/9/22◆守ってあげたい◆松任谷由実◆昨晩お会いしましょう◆12◆12◆05◆https://yuming.co.jp/discography/album/original12/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10645/◆1981◆ユーミンの代表曲としていまだに高い人気のあるこの曲は、角川映画「ねらわれた学園」(1981年公開)の主題歌として書き下ろされました。主演した薬師丸ひろ子さんには、その後の薬師丸さん主演映画「Wの悲劇」主題歌(「Woman〜Wの悲劇より」)の提供(作曲)もしています。◇
■2012/9/23◆Smile again(Yuming Version)◆松任谷由実◆A GIRL IN SUMMER◆34◆34◆12◆https://yuming.co.jp/discography/album/original34/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-25920/◆2006◆7年前の今日、9月23日に日本国際博覧会(愛・地球博)の閉幕イベントとして開催された「YUMING Love The Earth Final 9.23」。このイベント用に書き下ろしたのが、アジアのアーティスト(ディック・リー、amin、イム・ヒョンジュ、シュイ・クー)と共演した「Smile again」でした。アルバム収録されているのは、ユーミンのソロ・バージョンとなります。◇
■2012/9/24◆クロームの太陽◆松任谷由実◆KATHMANDU◆27◆27◆09◆https://yuming.co.jp/discography/album/original27/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-9300/◆1995◆300曲以上あるユーミン・ナンバーの中で、ひとジャンルを成しているとも言える“モータードライブもの”の一曲。◇
■2012/9/25◆空と海の輝きに向けて◆荒井由実◆ひこうき雲◆01◆01◆04◆https://yuming.co.jp/discography/album/original01/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10711/◆1973◆デビューシングル「返事はいらない」のカップリング曲としてもリリースされました。このアルバム収録バージョンとシングルバージョンとではアレンジが異なっています。◇
■2012/9/26◆紅雀◆松任谷由実◆紅雀◆05◆05◆05◆https://yuming.co.jp/discography/album/original05/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10638/◆1978◆夏っぽいイメージのあるこの曲ですが、1993年に一部の歌詞を変更した(「ぬけがらの体だけ砂に残し」→「ぬけがらの体だけ雪に残し」など)バージョンがアルペン世界選手権・雫石大会のテーマ曲として使用されました。◇
■2012/9/27◆命の花◆松任谷由実◆KATHMANDU◆27◆27◆03◆https://yuming.co.jp/discography/album/original27/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-9300/◆1995◆1994年10月スタートのTBS系ドラマ「私の運命」は当時としては(そして現在も)めずらしい2クールの放送でした。その主題歌として1クール目が「砂の惑星」(アルバム「THE DANCING SUN」収録)、そして2クール目がこの「命の花」が使われました。前者は“月”、後者は“太陽”と対のイメージがモチーフになっています。ところで、ユーミンはこの「命の花」を“アシッド演歌”と呼んでいたとか。そういえば演歌っぽくもあるような??◇
■2012/9/28◆9月には帰らない◆松任谷由実◆紅雀◆05◆05◆01◆https://yuming.co.jp/discography/album/original05/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10638/◆1978◆ユーミンの曲には“月”(Moonではなく暦の方)がタイトルに盛り込まれているものが幾つかありますが、何故か他の月に比べ“9月”が多いですよね。このコーナーで既に紹介済みの「9月の蟬しぐれ」、「サファイアの9月の夕方」、そして本日の曲「9月には帰らない」。実はもう一曲タイトルに“9月”が使われているものがありますが、どの曲か判りますか?(ヒント:英語で9月といえば?)答は明後日のToday's Yuming Songで紹介します〜◇
■2012/9/29◆14番目の月◆荒井由実◆14番目の月◆04◆04◆02◆https://yuming.co.jp/discography/album/original04/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10714/◆1976◆「栗原小巻が主演の映画で、『スリランカの愛と別れ』って映画があるんだけど、その中で高峰秀子がいうのよ。満月の一歩手前の、 十四番目の月が好きだって。これ、小唄っぽいと思わない?あ、これいいな、と思ってね。あと、清元の歌詞とかいろいろ思い出してあのアルバムを作ったのよ。」(自叙伝「ルージュの伝言」より)◇
■2012/9/30◆September Blue Moon◆松任谷由実◆Delight Slight Light KISS◆20◆20◆10◆https://yuming.co.jp/discography/album/original20/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10653/◆1988◆一昨日このコーナーで“9月”がタイトルに盛り込まれている曲、「9月には帰らない」「9月の蟬しぐれ」「サファイアの9月の夕方」あと一曲は?という質問を出しましたが、その答は、そう、本日のYuming Song「September Blue Moon」でした!◇
■2012/10/1◆フォーカス◆松任谷由実◆PEARL PIERCE◆13◆13◆04◆https://yuming.co.jp/discography/album/original13/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10646/◆1982◆10月1日はメガネの日なんだそうです。ということで、“メガネを外して”彼氏とラブラブになってしまった女の子の曲が本日のユーミン・ソング。でも最近は“メガネ女子”が人気だったりもするので、“世界中がぼやけ”ることなく“心のフォーカス”を彼氏に合わせられそうですね〜。◇
■2012/10/2◆さざ波◆荒井由実◆14番目の月◆04◆04◆01◆https://yuming.co.jp/discography/album/original04/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10714/◆1976◆「グレイの影と私だけの十月」という歌詞で締めくくられる秋のナンバー。毎年10月になるとユーミンのラジオ番組内でこの曲が流れてきたような気がします(きちんと裏を取っているわけじゃないです。あくまでも印象としてなんですが……)。果たして今週のラジオでこの曲、流れるでしょうか?◇
■2012/10/3◆Cowgirl Blues◆松任谷由実◆Cowgirl Dreamin'◆28◆28◆02◆https://yuming.co.jp/discography/album/original28/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-9830/◆1997◆「どうしてもヨリを戻したい男に会いに行く決意の歌なんですけど、武装するようにメイクして行くんですね。生きていくには、いま自分に何が必要かということを冷静に考えられる知性と、行くときは行くんだという野生をバランス良く持っていることが大事じゃないですか。」(EYES Vol.4「ユーミンのキララな日々 PART IV」より)◇
■2012/10/4◆ツバメのように◆松任谷由実◆OLIVE◆07◆07◆03◆https://yuming.co.jp/discography/album/original07/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10640/◆1979◆1984年制作のビデオクリップ集「コンパートメント」にも収録されています。そのビデオの中でユーミンはフォトグラファーに扮しておりました。◇
■2012/10/5◆生まれた街で◆荒井由実◆MISSLIM◆02◆02◆01◆https://yuming.co.jp/discography/album/original02/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10712/◆1974◆空ユミアワーのコーナーにも投稿いただきましたが、歌詞中の「小さなバイクを止め」というフレーズを「小さなバイク乙女」と思い込んでいた方がチラホラいらっしゃるようです。いったいどんな姿なんでしょうね、その乙女は(笑)。ということで、空ユミアワー、引き続き投稿お待ちしております〜!◇
■2012/10/6◆きっと言える◆荒井由実◆ひこうき雲◆01◆01◆05◆https://yuming.co.jp/discography/album/original01/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10711/◆1973◆デビューアルバム「ひこうき雲」収録のこの曲は、アルバムリリース前に先行シングルとしても発売されました。◇
■2012/10/7◆ホライズンを追いかけて〜L’aventure au desert◆松任谷由実◆ALARM à la mode◆18◆18◆06◆https://yuming.co.jp/discography/album/original18/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10651/◆1986◆現在鈴鹿サーキットにてF1グランプリが開催されていますが、ユーミンは1991年にモナコでF1観戦をしています。ただカーレースということで言えば、それに先立つ1987年、パリダカールラリーにプレス参加しました。そのとき、レーサーとして参加していたのが「ふしぎのヤッポ島〜プキプキとポイ」の作者としてユーミン・ファンにもお馴染みのヤーミー(山本昌美)さん。ヤーミーさんとはその前年に雑誌で対談をし、そこからインスピレーションを受けて作られたのがこの曲でした。◇
■2012/10/8◆Delphine◆松任谷由実◆KATHMANDU◆27◆27◆05◆https://yuming.co.jp/discography/album/original27/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-9300/◆1995◆「シャングリラIII〜ドルフィンの夢」では、シンクロ世界チャンピオンのヴィルジニー・デデューさんと同じくシンクロの五輪銀メダリスト武田美保さんの幻想的な泳ぎと共にこの曲が披露されました。◇
■2012/10/9◆ジャコビニ彗星の日◆松任谷由実◆悲しいほどお天気◆08◆08◆01◆https://yuming.co.jp/discography/album/original08/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10642/◆1979◆「72年10月9日」。1972年のその日はジャコビニ流星群の観測に非常に適した条件だったにもかかわらず全く見ることができず、そのことが逆に大きな話題になったそうです。この曲の中では、現れない流星と自分の恋模様をダブらせる主人公の心情が歌われています。◇
■2012/10/10◆未来は霧の中に◆松任谷由実◆OLIVE◆07◆07◆01◆https://yuming.co.jp/discography/album/original07/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10640/◆1979◆この曲の歌詞中に「東京のまちはオリンピックひかえ...」とありますが、このオリンピックとは1964年に開催された「東京オリンピック」のこと。48年前の今日、10月10日にその開会式が行われました。◇
■2012/10/11◆星のルージュリアン◆松任谷由実◆シングル◆single◆hoshino◆01◆https://yuming.co.jp/discography/single/single16/◆◆◆1980◆オリジナルアルバム未収録のシングル曲。このシングル盤の入手は難しい状況ですが、季節をテーマにセレクトしたコンピレーション・ベスト「SEASONS COLOURS -秋冬撰曲集-」で聞くことができます。◇
■2012/10/12◆人生ほど素敵なショーはない◆松任谷由実◆スユアの波◆29◆29◆06◆https://yuming.co.jp/discography/album/original29/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10001/◆1997◆ユーミンと貫地谷しほりさんW主演の舞台「8月31日〜夏休み最後の日〜」は現在帝国劇場にて絶賛上演中ですが、ユーミンはじめキャストの皆さんも、この曲で描かれている主人公のような心情だったりするんでしょうか。◇
■2012/10/13◆Forgiveness◆松任谷由実◆A GIRL IN SUMMER◆34◆34◆09◆https://yuming.co.jp/discography/album/original34/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-25920/◆2006◆ちょっと前まで厳しい残暑が続いていたのに、いつの間にかシチューの美味しい季節になりました。ということで?本日のユーミンソングはハウス「北海道シチュー」のCMにも使われたこの曲です。“赦し”がテーマのこの曲、温かいシチューのように、聴くとほっこりしますよね。◇
■2012/10/13◆今日は秋らしい空でした。◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◇
■2012/10/14◆Good-bye Goes by◆松任谷由実◆LOVE WARS◆21◆21◆09◆https://yuming.co.jp/discography/album/original21/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10654/◆1989◆本日は10月の日曜日ということで、歌詞中に「雲のない10月のブルー」「くすぶった日曜日 goes by」というフレーズがあるこの曲をセレクト。浅野ゆう子さん主演TBSドラマ「雨よりも優しく」(1989年)の主題歌に使用されました。◇
■2012/10/15◆彼から手をひいて◆松任谷由実◆SURF & SNOW◆10◆10◆01◆https://yuming.co.jp/discography/album/original10/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10643/◆1980◆2010年の「第一生命スペシャルナイト〜ユーミン in 東京ディズニーシー」ではユーミン・ソングとディズニー・ソングのコラボレーションが披露されましたが、この「彼から手をひいて」は「ミッキーマウス・マーチ」とミックスされ、ユーミンとディズニー・キャラクターが歌い上げました。◇
■2012/10/16◆無限の中の一度◆松任谷由実◆TEARS AND REASONS◆24◆24◆01◆https://yuming.co.jp/discography/album/original24/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-6800/◆1992◆キリンラガーのCM曲として使用されました(1992年10月〜)。市川準氏による演出、堤真一さん、高橋リナ(現・高橋里奈)さん出演によるそのCMは、前作の「情熱に届かない〜Don't Let Me Go」「DAWN PURPLE」(ともにアルバム「DAWN PURPLE」収録曲)を使用したCMに引き続き、ロングバージョンが制作され話題に。◇
■2012/10/17◆ルージュの伝言◆荒井由実◆COBALT HOUR◆03◆03◆05◆https://yuming.co.jp/discography/album/original03/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10713/◆1975◆荒井由実時代の代表曲ともいえるこの曲は、1989年公開のジブリ映画「魔女の宅急便」に「やさしさに包まれたなら」とともに使用されたことで、今日でも幅広い年代に親しまれています。◇
■2012/10/18◆恋はNo-return◆松任谷由実◆Delight Slight Light KISS◆20◆20◆07◆https://yuming.co.jp/discography/album/original20/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10653/◆1988◆本日は三日月とのことで、歌詞の中に「三日月が奇麗だったけど〜」というフレーズのあるこの曲を選んでみました。アップテンポでノリのいいこの曲は、伝説のバラエティ番組「オレたちひょうきん族」(フジテレビ系、1988年)のエンディングテーマに使用されました。◇
■2012/10/19◆ダンスのように抱き寄せたい◆松任谷由実◆Road Show◆36◆36◆11◆https://yuming.co.jp/discography/album/original36/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-27000/◆2011◆映画『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』(2010年公開)の主題歌として書き下ろされました。TFM「Sweet Discovery」に錦織良成監督がゲスト出演された際、既存曲の「春よ、来い」「やさしさに包まれたなら」「Carry on」も主題歌の候補に挙がったと冗談を交えつつ話していました。◇
■2012/10/20◆Sign of the Time◆松任谷由実◆THE DANCING SUN◆26◆26◆01◆https://yuming.co.jp/discography/album/original26/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-8600/◆1994◆「ラブソングを装って、もう少し大きい意味での時代の警告を歌にしたかったんです。その気になれば、メッセージやサインは、示されているんだ、というような。『知らずに走ってきてしまった…』あたりがポイントです。」ユーミン談◇
■2012/10/21◆REINCARNATION◆松任谷由実◆REINCARNATION◆14◆14◆01◆https://yuming.co.jp/discography/album/original14/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10647/◆1983◆このアルバムに収録される以前、「水の中のASIAへ」ツアー(1981年)で、巨大な龍の頭に乗ってこの歌を披露したことがありました。ただし、そのときの歌詞はコンサートのコンセプトに合わせたもので、レコーディングされたものとは別バージョンでした。◇
■2012/10/22◆恋のスーパーパラシューター◆荒井由実◆ひこうき雲◆01◆01◆03◆https://yuming.co.jp/discography/album/original01/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10711/◆1973◆本日は「パラシュートの日」なんだそうです。ということで、本日のユーミンソングはこの曲。「たったひとつの恋の真上に落ちてゆけたら死んでもいいわ」と、熱い想いをストレートに歌っています。◇
■2012/10/23◆HONG KONG NIGHT SIGHT◆松任谷由実◆水の中のASIAへ◆11◆11◆02◆https://yuming.co.jp/discography/album/original11/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10644/◆1981◆オリジナルアルバム収録曲で唯一ユーミン自身が作曲してないのがこの曲。元々は松任谷正隆プロデューサーのソロアルバム「夜の旅人」(1977年)の収録曲としてユーミンが詞を提供(作曲:松任谷正隆)したもので、後年「水の中のASIAへ」を制作する際、アルバムコンセプトにあうということでカバーしました。◇
■2012/10/24◆静かなまぼろし◆松任谷由実◆流線形 '80◆06◆06◆04◆https://yuming.co.jp/discography/album/original06/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10639/◆1978◆元々はユーミンがフジテレビの「ミュージックフェア」(1978年放送)に出演する際、共演する沢田研二さんのために書き下ろした曲でした。ただ、沢田さんがこの曲を自身のアルバムのためにレコーディングしたのは1989年。提供曲ではあるものの、ユーミンのセルフカバーの方が先にリリースされるというちょっとめずらしいケースとなりました。◇
■2012/10/25◆VOYAGER〜日付のない墓標〜◆松任谷由実◆シングル◆single◆voyager◆01◆https://yuming.co.jp/discography/single/single20/◆◆◆1984◆本日ご紹介するこの曲、タイトルからするとアルバム「VOYAGER」に収録されててもおかしくないのに、実際には未収録。疑問に思われている方も多いかもしれませんね。実は元々は収録予定でしたが、この曲を主題歌としている映画「さよならジュピター」の公開がアルバム発売より3ヶ月以上もあととなり、時期的に早すぎるということで見送られ、後に映画公開にあわせシングル盤としてリリースされることになったそうです。◇
■2012/10/26◆帰愁◆松任谷由実◆OLIVE◆07◆07◆06◆https://yuming.co.jp/discography/album/original07/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10640/◆1979◆シングルとしてもリリースされたこの曲、ユーミン自身は最後のフレーズ「それから なみだ雲ばかり」の箇所が演歌っぽくて(?)あまり気に入ってないそうです。演歌っぽいですかね?◇
■2012/10/27◆DOWNTOWN BOY◆松任谷由実◆NO SIDE◆16◆16◆03◆https://yuming.co.jp/discography/album/original16/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10649/◆1984◆フジビデオテープ「スーパーHG HiFi」のCMに使用されました。“柳に風篇”と名付けられたこのCMでは、いろんな着物を着たユーミンが次々に登場したのですが、実はその着物、全て自前だったとか。メイクは渡辺サブロオ氏、監督はユーミンのステージ演出を手掛けたこともある黒田明氏でした。◇
■2012/10/28◆SAVE OUR SHIP◆松任谷由実◆天国のドア◆22◆22◆10◆https://yuming.co.jp/discography/album/original22/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-5900/◆1990◆テーマソングとして使用されたTBSの宇宙特番「宇宙の風 ロシアの風 ユーミン」では、ユーミン自身が旧ソ連の“星の街”と呼ばれる宇宙飛行士の訓練施設を訪ねたり、バイコヌール宇宙基地でソユーズの打ち上げを見学しました。◇
■2012/10/29◆Moonlight Legend◆松任谷由実◆Cowgirl Dreamin'◆28◆28◆04◆https://yuming.co.jp/discography/album/original28/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-9830/◆1997◆未来の神殿を思わせるようなセンターステージの「Strollin' Cowgirl Tour」(1997年)、一曲目に披露されたのがこの曲でした。ユーミンは古代の女神のような衣装に身を包み、曲の終盤では客席から巨人も登場するなど、この歌の神秘的なイメージが繰り広げられました。◇
■2012/10/30◆グレイス・スリックの肖像◆松任谷由実◆昨晩お会いしましょう◆12◆12◆08◆https://yuming.co.jp/discography/album/original12/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10645/◆1981◆今日は元ジェファーソン・エアプレインのグレイス・スリックの誕生日だということで、この曲をセレクト。かつてユーミンの“アイドル”だったグレイス・スリックは現在、画家として活動しているそうです。◇
■2012/10/31◆りんごのにおいと風の国◆松任谷由実◆OLIVE◆07◆07◆10◆https://yuming.co.jp/discography/album/original07/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10640/◆1979◆今日はハロウィーン。ユーミンソングでハロウィーンといえば、この曲。この曲が誕生した当時日本ではハロウィーンはあまり一般的ではありませんでしたが、昨今では恒例行事となった感がありますね。◇
■2012/11/1◆11月のエイプリルフール◆松任谷由実◆U-miz◆25◆25◆06◆https://yuming.co.jp/discography/album/original25/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-8250/◆1993◆実はEPOさんが作った「12月のエイプリル・フール」という曲があるのですが、ユーミンがこの「11月のエイプリルフール」を作った際、タイトルが似てしまうことをユーミン自らEPOさんに連絡して承諾を得たそうです。ユーミンの「12月の〜」はアップテンポ、EPOさんの「12月の〜」はバラード。聴き比べてみると面白いかもしませんね。◇
■2012/11/2◆幸せになるために◆松任谷由実◆acacia◆31◆31◆12◆https://yuming.co.jp/discography/album/original31/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-24600/◆2001◆先日無事千秋楽をむかえた帝劇公演「純愛物語 meets YUMING 8月31日〜夏休み最後の日〜」。そのラストシーンで歌われたのがこの曲。ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。◇
■2012/11/3◆土曜日は大キライ◆松任谷由実◆ALARM à la mode◆18◆18◆05◆https://yuming.co.jp/discography/album/original18/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10651/◆1986◆この曲の歌詞にある「あっ そこの店はダメ 今日あたり前の彼が来るわ」なんて経験、結構あったりするのでは?(笑)フジテレビ系バラエティ番組「オレたちひょうきん族」のエンディングテーマにも使用されました。◇
■2012/11/4◆告白◆松任谷由実◆Cowgirl Dreamin'◆28◆28◆03◆https://yuming.co.jp/discography/album/original28/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-9830/◆1997◆ユーミンとも交流のあるマツコ・デラックスさんやミッツ・マングローブさんなど、昨今“女装家”の皆さんがテレビを賑わせていますが、実はユーミンのライブでこの曲が披露される際、バンドメンバーが必ず(?)女装します。ある意味、先取りだったのかもしれません(笑)。◇
■2012/11/5◆旅立つ秋◆荒井由実◆MISSLIM◆02◆02◆10◆https://yuming.co.jp/discography/album/original02/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10712/◆1974◆荒井由実時代、ブレイク前のユーミンをいち早く紹介した林美雄さんの「パックインミュージック」(TBSラジオ)。その林さんが番組を降板する際、ユーミンがこの曲を贈ったそうです。◇
■2012/11/6◆人魚姫の夢◆松任谷由実◆そしてもう一度夢見るだろう◆35◆35◆10◆https://yuming.co.jp/discography/album/original35/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-26810/◆2009◆「YUMING SPECTACLE SHANGRILA III〜ドルフィンの夢〜」のために書き下ろした曲。このショーにも参加したシンクロの元世界女王ヴィルジニー・デデューが登場するプロモーションビデオも作成されました。◇
■2012/11/7◆何もきかないで◆荒井由実◆COBALT HOUR◆03◆03◆04◆https://yuming.co.jp/discography/album/original03/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10713/◆1975◆「何もきかないで どこから来たのか 何をしてきたか あなたはきかないで」と、素性を明かさずに出会った二人のかりそめの恋を描いたラブソング。◇
■2012/11/8◆魔法の鏡◆荒井由実◆MISSLIM◆02◆02◆07◆https://yuming.co.jp/discography/album/original02/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10712/◆1974◆この曲はアルバムリリース前に発売されたシングル「やさしさに包まれたなら」のB面にも収録されていますが、実はアルバムバージョンとは一部歌詞が違っています。2コーラス目の出だし「♪きょうもおんなじ〜」に続く歌詞が、アルバムバージョンでは「夜空の下」、シングルバージョンでは「街の何処か」となっています。◇
■2012/11/9◆Lost Highway◆松任谷由実◆FROZEN ROSES◆30◆30◆10◆https://yuming.co.jp/discography/album/original30/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-24300/◆1999◆アルバムリリース前にシングルとしても発売されました。そのCDジャケットはオシャレなブーツが描かれたイラストでしたが、これはアルバム「Frozen Roses」と同じくイラストレーター大橋歩さんによるアートワークでした。◇
■2012/11/10◆ジェラシーと云う名の悪夢◆松任谷由実◆ALARM à la mode◆18◆18◆02◆https://yuming.co.jp/discography/album/original18/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10651/◆1986◆この曲の収録アルバム「ALARM à la mode」は、当初「シャレード」というタイトル案があったそうです。オードリー・ヘップバーン主演のサスペンス映画のタイトルでもあるのですが、そのサスペンス的なエッセンスがこの曲には色濃く出ています。◇
■2012/11/11◆I Love You◆松任谷由実◆Road Show◆36◆36◆03◆https://yuming.co.jp/discography/album/original36/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-27000/◆2011◆木村佳乃さん、田中麗奈さん、水原希子さんが登場するプロモーションビデオが作成されましたが、このビデオを監督したのは近年ユーミンを撮り続けているカメラマンのレスリー・キーさん。そのレスリーの写真展「YUMING FOREVER by LESLIE KEE」が来月表参道ヒルズで開催されます。ぜひ足を運んでみてくださいね。◇
■2012/11/12◆ESPER◆松任谷由実◆REINCARNATION◆14◆14◆06◆https://yuming.co.jp/discography/album/original14/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10647/◆1983◆この曲はアルバムに収録される約3年ほど前にシングルとしてリリースされました。アルバムに収録されているバージョンはSFチックなアレンジになっていますが、シングル盤の方はとてもポップでライトな仕上がりになっています。◇
■2012/11/13◆Autumn Park◆松任谷由実◆ALARM à la mode◆18◆18◆07◆https://yuming.co.jp/discography/album/original18/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10651/◆1986◆何気ない日常の中でお互いの強い結びつきを感じる恋人たちを描いた、「ANNIVERSARY」などにも繋がるユーミンの王道的なラブソング。◇
■2012/11/14◆SHANGRILAをめざせ◆松任谷由実◆NO SIDE◆16◆16◆09◆https://yuming.co.jp/discography/album/original16/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10649/◆1984◆この曲がテーマソングとして使われた「SHANGRILA」シリーズではサーカスやシンクロナイズドスイミングとコラボレーションしました。その一作目と二作目で共演したセルゲイ・リュシコフ団長率いる「Extraordinaly Ice Circus」は、「SHANGRILA II」の後に「SERGEY RYSHKOFF'S SPECTACLE SHANGRILA」と題した興業を行っていたそうです(笑)。◇
■2012/11/15◆XYZING XYZING◆松任谷由実◆U-miz◆25◆25◆05◆https://yuming.co.jp/discography/album/original25/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-8250/◆1993◆初のセンターステージとなったコンサートツアー「THE DANCING SUN TOUR」(1994-1995)では、ダンサー扮する“雌豹”と“猛獣使い”のユーミンが、ちょっぴりセクシーなダンスを交えこの曲を披露しました。◇
■2012/11/16◆幸せはあなたへの復讐◆松任谷由実◆Delight Slight Light KISS◆20◆20◆08◆https://yuming.co.jp/discography/album/original20/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10653/◆1988◆ユーミン・ソングの歌詞やタイトルには格言めいたものが多々あります。その中でもこの曲は最右翼ともいうべきタイトルではないでしょうか。少々怖さも感じさせる女性心理を表したこのタイトル、あなたにもそんな経験ありますか?◇
■2012/11/17◆破れた恋の繕し方教えます◆松任谷由実◆NO SIDE◆16◆16◆06◆https://yuming.co.jp/discography/album/original16/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10649/◆1984◆タロットカードや輪廻転生、神話など、ユーミン・ソングの中には、神秘的、オカルティックなテーマを描いたものがあります。この曲は、さしずめ黒魔術っぽいイメージでしょうか。ステージで歌われる際も妖しげなムード満載で披露されることが多い曲でもあります。◇
■2012/11/18◆Lonesome Cowboy◆松任谷由実◆THE DANCING SUN◆26◆26◆08◆https://yuming.co.jp/discography/album/original26/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-8600/◆1994◆「日本の風景じゃないみたいに言ってますが、田舎から東京に出てきた男の子がそこ此処でインナーになっている様子を描きました。コンビニの前でしゃがんで電話かけてたりする感じです」ユーミン談。◇
■2012/11/19◆雨の街を◆荒井由実◆ひこうき雲◆01◆01◆08◆https://yuming.co.jp/discography/album/original01/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10711/◆1973◆昨年、松任谷プロデューサーの60才を祝うサプライズ・パーティーでユーミンは、「歌入れがうまくできなかったとき、松任谷さんに『何の花が好き?』と聞かれ、『ダリアが結構好きかな』と答えたら、翌日スタジオのピアノの上に牛乳瓶に挿したダリアの花があって、めでたく歌えました!」と、この「雨の街を」のレコーディングにまつわるエピソードを紹介し、曲を披露しました。◇
■2012/11/20◆ひこうき雲◆荒井由実◆ひこうき雲◆01◆01◆01◆https://yuming.co.jp/discography/album/original01/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10711/◆1973◆ユーミンは1972年7月5日、シングル「返事はいらない」でデビューしました。その翌年11月20日、アルバム「ひこうき雲」をリリース。そう、本日はユーミンのアルバムデビューの日なんです。そんな記念すべき日に、40周年記念ベストアルバム「日本の恋と、ユーミンと。」が発売になります!荒井由実&松任谷由実の代表曲を網羅し、加えてユーミンが音楽を志すきっかけともなったプロコルハルムと共演した新曲「青い影」も収録。ぜひ御愛聴ください!◇
■2012/11/21◆天国のドア◆松任谷由実◆天国のドア◆22◆22◆09◆https://yuming.co.jp/discography/album/original22/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-5900/◆1990◆このアルバムジャケットでユーミンの着ている衣装が、「U-miz展・松任谷由実の世界」(1993年12月〜)と題されたイベントで展示されたことがありました。しかも、ただ展示するだけでなく、“観光地の顔出しパネル”のように身体をはめて記念撮影できるサービスを行っていました。ユーミンが“着た”衣装で写真が撮れるというのはなかなか貴重な体験でしたよね。◇
■2012/11/22◆DAWN PURPLE◆松任谷由実◆DAWN PURPLE◆23◆23◆04◆https://yuming.co.jp/discography/album/original23/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-6300/◆1991◆この曲を作る際、ヒントとなったビデオがあるそうです。それは太陽が上る直前、グランドキャニオンが紫色に染まっていく時間に、超小型カメラをつけたハヤブサを飛ばして、高くそびえる大渓谷を猛スピードで撮影した映像。その壮大なイメージがこの曲のスケール感を生み出しているんですね。◇
■2012/11/23◆アフリカへ行きたい◆荒井由実◆COBALT HOUR◆03◆03◆10◆https://yuming.co.jp/discography/album/original03/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10713/◆1975◆この曲が収録されているアルバム「COBALT HOUR」は、1曲目(COBALT HOUR)の冒頭と、ラスト・チューンであるこの「アフリカへ行きたい」のエンディングにセスナ機のプロペラ音が効果音として入っています。全曲ループで聞くと、ちょうど最初と終わりが繋がって聞こえ、アルバム全体の世界観がより深まる感じがしますね。◇
■2012/11/24◆メトロポリスの片隅で◆松任谷由実◆DA・DI・DA◆17◆17◆05◆https://yuming.co.jp/discography/album/original17/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10650/◆1985◆この曲は資生堂フェアネスのCMソングに使用されました。そのCMのコピーは「水・金・地・火・木・土・天・冥・海」。ちなみに現在“冥”の冥王星は惑星ではなく準惑星と分類されているそうです。◇
■2012/11/25◆Miss BROADCAST◆松任谷由実◆天国のドア◆22◆22◆01◆https://yuming.co.jp/discography/album/original22/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-5900/◆1990◆「天国のドア」ツアーでこの曲を披露する際、衣装替えする映像を映し出すステージ上のテレビモニターから、その映像とシンクロしてユーミンやコーラスメンバーが登場するという演出があり、観客を驚かせました。◇
■2012/11/26◆Saint of Love◆松任谷由実◆スユアの波◆29◆29◆10◆https://yuming.co.jp/discography/album/original29/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10001/◆1997◆「愛地球博」での音楽イベント「YUMING Love The Earth Final」(2005年)では、嵯峨治彦さんによるホーミー、アノインティッド・マス・クワイヤーのゴスペルコーラスも加わり、壮大なアレンジでこの曲を披露しました。◇
■2012/11/27◆もう愛は始まらない◆松任谷由実◆DA・DI・DA◆17◆17◆01◆https://yuming.co.jp/discography/album/original17/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10650/◆1985◆タイトルこそ違えど、アルバム「DA・DI・DA」のタイトルチューン的位置づけとなる、ロック色の強いこの曲、ライブでもオープニングなど印象的なシーンで演奏されることが多いです。◇
■2012/11/28◆コンパートメント◆松任谷由実◆時のないホテル◆09◆09◆08◆https://yuming.co.jp/discography/album/original09/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10642/◆1980◆ユーミン曰く「自分の曲の中で一番暗い曲」。同名のビデオクリップ集もリリースされていますが、描かれている状況(列車の個室や白い錠剤など)は歌詞のイメージに近いものの、この曲自体は収録されていません。◇
■2012/11/29◆恋は死んでしまった◆松任谷由実◆FROZEN ROSES◆30◆30◆02◆https://yuming.co.jp/discography/album/original30/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-24300/◆1999◆この曲で描かれている舞台は初雪舞う11月の港町。既に各地から雪だよりも聞こえてくる昨今、この曲の情景がマッチする季節になりましたね。◇
■2012/11/30◆LAUNDRY-GATEの想い出◆松任谷由実◆紅雀◆05◆05◆09◆https://yuming.co.jp/discography/album/original05/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10638/◆1978◆1977年の今日、立川基地が米軍より全面返還されました。かつて、その立川基地にあった洗濯工場の入り口を「LAUNDRY-GATE」(ランドリーゲート)と呼んでいたそうです。十数年前まではバス停にその名前が残っていたそうですが、現在はそのバス停の名称も変更されてしまいました。◇
■2012/12/1◆青いエアメイル◆松任谷由実◆OLIVE◆07◆07◆02◆https://yuming.co.jp/discography/album/original07/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10640/◆1979◆コンサートのダブルコールで披露することも多いナンバーです。先日の帝劇公演でもカーテンコールでこの曲が歌われました。◇
■2012/12/2◆水平線にグレナディン◆松任谷由実◆悲しいほどお天気◆08◆08◆08◆https://yuming.co.jp/discography/album/original08/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10642/◆1979◆タイトルにあるグレナディンとは、ザクロのような赤色のシロップ。絵の具の色名にも使われています。美大出身のユーミンならではのタイトルですね。◇
■2012/12/3◆Good luck and Good bye◆荒井由実◆14番目の月◆04◆04◆09◆https://yuming.co.jp/discography/album/original04/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10714/◆1976◆この歌詞のラストに「混んだバスのくもった窓に書く 大きく Good luck and Good bye」という歌詞がありますが、このサイトに描かれているバスの窓にも「Good luck and Good bye」と書かれているの、気づいてました?◇
■2012/12/4◆私のロンサム・タウン◆松任谷由実◆PEARL PIERCE◆13◆13◆06◆https://yuming.co.jp/discography/album/original13/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10646/◆1982◆13枚目のアルバムPEAL PIARCEに収録。コンサートツアーで地方を訪れているミュージシャンがこの歌の主人公。◇
■2012/12/5◆残されたもの◆松任谷由実◆紅雀◆05◆05◆10◆https://yuming.co.jp/discography/album/original05/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10638/◆1978◆結婚後、松任谷由実名義でリリースした1枚目のアルバム「紅雀」の最終収録曲。◇
■2012/12/6◆きみなき世界◆松任谷由実◆スユアの波◆29◆29◆04◆https://yuming.co.jp/discography/album/original29/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10001/◆1997◆この曲が収録されるアルバム「スユアの波」。「スユア」とは、メキシコ古代文明マヤ語で、「意識をその波にチューニングすると、時空を越えることのできる波」という意味だとか。◇
■2012/12/7◆さまよいの果て波は寄せる◆松任谷由実◆悲しいほどお天気◆08◆08◆10◆https://yuming.co.jp/discography/album/original08/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10641/◆1979◆この曲が収録されるアルバム「悲しいほどお天気」の収録曲にはすべて英語タイトルが付いています。この曲の英語タイトルは「The Ocean and I」。◇
■2012/12/8◆とこしへにGood Night(夜明けの色)◆松任谷由実◆Delight Slight Light KISS◆20◆20◆06◆https://yuming.co.jp/discography/album/original20/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10653/◆1988◆この曲が収録されているアルバム「Delight Slight Light KISS」のジャケットは3D仕様ので話題に。◇
■2012/12/9◆木枯らしのダイアリー◆松任谷由実◆NO SIDE◆16◆16◆08◆https://yuming.co.jp/discography/album/original16/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10649/◆1984◆木枯らしの季節の悲しい失恋ソング。今の季節的には木枯らしの季節がちょうど過ぎたくらいでしょうか…◇
■2012/12/10◆Midnight Scarecrow◆松任谷由実◆KATHMANDU◆27◆27◆08◆https://yuming.co.jp/discography/album/original27/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-9300/◆1995◆「輪舞曲」のカップリングのこの曲は、女優の田中律子さんのエッセイ本を原作とした映画「キャンプで逢いましょう」の主題歌。◇
■2012/12/11◆Walk on, Walk on by◆松任谷由実◆KATHMANDU◆27◆27◆10◆https://yuming.co.jp/discography/album/original27/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-9300/◆1995◆歌詞中の「カレンダーでもマティーニでも消せなかった」というフレーズに苦心したと本人談。◇
■2012/12/12◆Sunny day Holiday◆松任谷由実◆スユアの波◆29◆29◆02◆https://yuming.co.jp/discography/album/original29/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10001/◆1997◆この曲は1997年に放送された草彅剛さん主演のドラマ「成田離婚」の主題歌に使われました。◇
■2012/12/13◆さみしさのゆくえ◆荒井由実◆14番目の月◆04◆04◆03◆https://yuming.co.jp/discography/album/original04/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10714/◆1976◆歌の始まり、「さいはての国でくらす あなた帰って来たのは おだやかな冬景色が なつかしかっただけなの?」と「冬景色」というワードにつられてピックアップ♪◇
■2012/12/14◆雪だより◆松任谷由実◆SURF & SNOW◆10◆10◆10◆https://yuming.co.jp/discography/album/original10/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10643/◆1980◆来年2月1日より、33回目の苗場コンサートがスタート!!苗場に来られない方はネットマガジンでお楽しみくださいね♪◇
■2012/12/15◆12月の雨◆荒井由実◆MISSLIM◆02◆02◆05◆https://yuming.co.jp/discography/album/original02/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10712/◆1974◆「東芝ecoスタイル」のCMソングで耳にしているのではないでしょうか。◇
■2012/12/16◆気ままな朝帰り – As I’m Alone◆松任谷由実◆悲しいほどお天気◆08◆08◆07◆https://yuming.co.jp/discography/album/original08/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10641/◆1979◆ちょうど今の季節が背景の歌ですね♪◇
■2012/12/17◆2人のストリート◆松任谷由実◆DA・DI・DA◆17◆17◆02◆https://yuming.co.jp/discography/album/original17/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10650/◆1985◆この歌の光景を想像すると、なんだかクリスマスの街中で大騒動ですね(笑)◇
■2012/12/18◆Bye bye boy◆松任谷由実◆THE DANCING SUN◆26◆26◆04◆https://yuming.co.jp/discography/album/original26/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-8600/◆1994◆曲の前半は「8月の夜明け見たよね」と夏の想い出が、後半は「クリスマスにはしゃいだよね」とクリスマスの想い出が語られます。◇
■2012/12/19◆ダイアモンドダストが消えぬまに◆松任谷由実◆ダイアモンドダストが消えぬまに◆19◆19◆02◆https://yuming.co.jp/discography/album/original19/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10652/◆1987◆そらゆみコーナーへの投稿でサビが「大問題〜♪」と聴こえるという投稿がかなりありました(笑)◇
■2012/12/20◆3-Dのクリスマスカード◆松任谷由実◆ALARM à la mode◆18◆18◆09◆https://yuming.co.jp/discography/album/original18/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10651/◆1986◆彼からもらった3Dのカードに描かれている雪国への憧れが歌われたクリスマス・ソング。◇
■2012/12/21◆Angel Cryin’ X’mas◆松任谷由実◆U-miz◆25◆25◆08◆https://yuming.co.jp/discography/album/original25/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-8250/◆1993◆ユーミンにはめずらしいストレート・ロック風味なクリスマス・ソング。◇
■2012/12/22◆Wings of Winter◆松任谷由実◆Wings of Winter, Shades of Summer◆32◆32◆02◆https://yuming.co.jp/discography/album/original32/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-25000/◆2002◆記憶に新しいところでは2011年の苗場コンサートで歌われたWinter Songです。◇
■2012/12/23◆Northern Lights◆松任谷由実◆Wings of Winter, Shades of Summer◆32◆32◆03◆https://yuming.co.jp/discography/album/original32/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-25000/◆2002◆レコーディングの際、『自分が見た北極圏の世界』を音にする為に、珍しい楽器を使ったりと、サウンドには相当こだわった曲だそう。◇
■2012/12/24◆ロッヂで待つクリスマス◆松任谷由実◆流線形 '80◆06◆06◆01◆https://yuming.co.jp/discography/album/original06/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10639/◆1978◆ロッジではないですが、ホテルオークラにて本日クリスマスイベント「Silent Cristmas 〜Wishes for you〜」が開催されます。◇
■2012/12/25◆恋人がサンタクロース◆松任谷由実◆SURF & SNOW◆10◆10◆06◆https://yuming.co.jp/discography/album/original10/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10643/◆1980◆もはやクリスマス・ソングの定番と言っても過言ではないこの曲!!皆さん、メリークリスマス♪◇
■2012/12/26◆忘れかけたあなたへのメリークリスマス◆松任谷由実◆Cowgirl Dreamin'◆28◆28◆06◆https://yuming.co.jp/discography/album/original28/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-9830/◆1997◆クリスマスも過ぎ去り、「魔法も解けて街中がもとどおりにかえる」今日はそんなちょっぴり寂しい日ですね。◇
■2012/12/27◆ダイアモンドの街角◆松任谷由実◆ダイアモンドダストが消えぬまに◆19◆19◆08◆https://yuming.co.jp/discography/album/original19/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10652/◆1987◆「恋をしなければ見ることのない」情景が美しく綴られているウインター・ソング。◇
■2012/12/28◆GET AWAY◆松任谷由実◆THE DANCING SUN◆26◆26◆05◆https://yuming.co.jp/discography/album/original26/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-8600/◆1994◆1994年のKIRIN「LAGAR ビール」のCMに使用されました。◇
■2012/12/29◆一緒に暮らそう◆松任谷由実◆NO SIDE◆16◆16◆05◆https://yuming.co.jp/discography/album/original16/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10649/◆1984◆記憶に新しいところでは、2012年の苗場のセットリストBパターンとしてセンターステージで披露されました。◇
■2012/12/30◆Take me home◆松任谷由実◆KATHMANDU◆27◆27◆02◆https://yuming.co.jp/discography/album/original27/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-9300/◆1995◆昨日、本日あたりは帰省される方も多いのでは。帰省される方は道中お気を付けて、そして故郷の「なつかしい匂い」を存分に味わってきてくださいね。◇
■2012/12/31◆Bonne année◆松任谷由実◆Wings of Winter, Shades of Summer◆32◆32◆01◆https://yuming.co.jp/discography/album/original32/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-25000/◆2002◆「Bonne année」(ボナネ)とはフランス語で「良いお年を」、「あけましておめでとう」といった新年の挨拶。ということで、皆様、よいお年をお迎えください!◇
■2013/1/1◆A HAPPY NEW YEAR◆松任谷由実◆昨晩お会いしましょう◆12◆12◆10◆https://yuming.co.jp/discography/album/original12/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10645/◆1981◆あけましておめでとうございます。今年も沢山いいことがありますように。◇
■2013/1/2◆Holiday in Acapulco◆松任谷由実◆ALARM à la mode◆18◆18◆01◆https://yuming.co.jp/discography/album/original18/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10651/◆1986◆お正月休みを海外で過ごされている方も多いのでしょうか…そんな方も、そうでない方もこの曲でリゾート気分♪◇
■2013/1/3◆雪月花◆松任谷由実◆Wings of Winter, Shades of Summer◆32◆32◆06◆https://yuming.co.jp/discography/album/original32/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-25000/◆2002◆タイトル「雪月花」とは、雪・月・花という自然の美しい景物を指す語だそう。◇
■2013/1/4◆ビュッフェにて◆松任谷由実◆昨晩お会いしましょう◆12◆12◆03◆https://yuming.co.jp/discography/album/original12/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10645/◆1981◆「ビュッフェ」とは特急電車などで営業していた軽食・ドリンク中心の食堂車。今はホテルなどのバイキングもビュッフェと言ったりしまうよね。◇
■2013/1/5◆灯りをさがして◆松任谷由実◆VIVA! 6×7◆33◆33◆06◆https://yuming.co.jp/discography/album/original33/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-25601/◆2004◆2004年10月に日本テレビ系で放送された「あの日にかえりたい。〜東京キャンティ物語〜」のイメージソングに使われました。◇
■2013/1/6◆街角のペシミスト◆松任谷由実◆昨晩お会いしましょう◆12◆12◆02◆https://yuming.co.jp/discography/album/original12/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10645/◆1981◆1984年にリリースされたビデオ作品「コンパートメント〜TRAIN OF THOUGHT〜」の1曲目にも収録されています。◇
■2013/1/7◆ノーサイド◆松任谷由実◆NO SIDE◆16◆16◆02◆https://yuming.co.jp/discography/album/original16/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10649/◆1984◆「ノーサイド」とはラグビーの試合終了のこと。試合が終了すれば敵味方なしという意味があり、ラグビーの基本理念を表す言葉なんだとか。◇
■2013/1/8◆恋の苦さとため息と◆松任谷由実◆VIVA! 6×7◆33◆33◆03◆https://yuming.co.jp/discography/album/original33/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-25601/◆2004◆この曲が収録されるアルバム「VIVA! 6×7」のテーマは、「ヨーロッパの薫り」ということで、「VIVA!」。「6×7」は昔からの写真のフィルムサイズで、デジカメでは消えてしまいそうな光が写り込んでいるアルバムということを表しているそう。◇
■2013/1/9◆Many is the time◆松任谷由実◆A GIRL IN SUMMER◆34◆34◆06◆https://yuming.co.jp/discography/album/original34/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-25920/◆2006◆イム・ヒョンジュさんのソウル公演にゲスト出演した際、「韓国では初雪が降ったら好きな人に電話をする」という風習があると聞き、いいなと思ったのがこの歌の歌詞のテーマだそう。◇
■2013/1/10◆今すぐレイチェル◆松任谷由実◆Road Show◆36◆36◆04◆https://yuming.co.jp/discography/album/original36/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-27000/◆2011◆ABCマート「Hawkins ビューティーウォーク」のCMソングに使用され、このCMにはユーミンも登場しました。◇
■2013/1/11◆何もなかったように◆荒井由実◆14番目の月◆04◆04◆06◆https://yuming.co.jp/discography/album/original04/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10714/◆1976◆この歌の中に「シェパード」犬が登場しますが、ユーミン自身当時シェパードを飼っていたそうです。◇
■2013/1/12◆78◆松任谷由実◆悲しいほどお天気◆08◆08◆09◆https://yuming.co.jp/discography/album/original08/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10641/◆1979◆この歌のタイトル「78」はタロットカードの枚数を表しています。◇
■2013/1/13◆誰かがあなたを探してる◆松任谷由実◆DAWN PURPLE◆23◆23◆07◆https://yuming.co.jp/discography/album/original23/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-6300/◆1991◆昨今のネット社会を予見したようなサイバーなラブソング。ということで苗場のサイバーといえば、ネットマガジン「Y MODE」。もうすぐチケット発売開始です!◇
■2013/1/14◆青い船で◆松任谷由実◆VOYAGER◆15◆15◆04◆https://yuming.co.jp/discography/album/original15/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10648/◆1983◆地球を「青い船」に喩えた壮大なスケール感を持つこの曲は、1984年に公開された映画「さよならジュピター」の挿入歌にも使用されました。◇
■2013/1/15◆魔法のくすり◆松任谷由実◆流線形 '80◆06◆06◆05◆https://yuming.co.jp/discography/album/original06/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10639/◆1978◆ユーミンの曲には“格言”的なフレーズが含まれているものも多くありますが、この曲の「男はいつも最初の恋人になりたがり 女は誰も最後の愛人でいたいの」は、世の男性女性問わず共感を呼んでいるとか?◇
■2013/1/16◆夢の中で〜We are not alone, forever◆松任谷由実◆スユアの波◆29◆29◆03◆https://yuming.co.jp/discography/album/original29/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10001/◆1997◆1997年に角川春樹監督がリメイクした映画「時をかける少女」の主題歌。アルバムに収録された“Album Version”と、主題歌として使用された“映画 Version”(シングル「Sunny day Holiday」のカップリング曲)とでは一部歌詞が違っています。◇
■2013/1/17◆私を忘れる頃◆松任谷由実◆VOYAGER◆15◆15◆09◆https://yuming.co.jp/discography/album/original15/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10648/◆1983◆この曲は長崎の稲佐山にある展望台をイメージして作られたとか。◇
■2013/1/18◆かんらん車◆松任谷由実◆流線形 '80◆06◆06◆09◆https://yuming.co.jp/discography/album/original06/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10639/◆1978◆この曲に登場するかんらん車は、1985年に閉園した二子玉川園にあったものだそうです。歌の中では静かに降り出す雪が「終わりの暗示」となっていますが、エッセイ集「ルージュの伝言」によると、受験生だったユーミンが実際にかんらん車で雪を見た時には、合格を暗示していると思ったそうです。◇
■2013/1/19◆流星の夜◆松任谷由実◆FROZEN ROSES◆30◆30◆11◆https://yuming.co.jp/discography/album/original30/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-24300/◆1999◆この曲が収録されるアルバム「FROZEN ROSES」を引っ提げてのツアーは15年振りのホールツアーで松任谷正隆演出としては初のホールツアーでした。◇
■2013/1/20◆私のフランソワーズ◆荒井由実◆MISSLIM◆02◆02◆09◆https://yuming.co.jp/discography/album/original02/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10712/◆1974◆2011年の「Road Show」ツアーでは弾き語りでこの曲が披露されました。◇
■2013/1/21◆真冬のサーファー◆松任谷由実◆流線形 '80◆06◆06◆03◆https://yuming.co.jp/discography/album/original06/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10639/◆1978◆この曲に登場する海岸は千葉県犬吠埼あたりとのこと。黒いウェット&ドライスーツを着たサーファーたちを「カラスの群れのよう」と歌っています。◇
■2013/1/22◆霧の中の影◆松任谷由実◆VIVA! 6×7◆33◆33◆11◆https://yuming.co.jp/discography/album/original33/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-25601/◆2004◆映画「男と女」をイメージして作ったというこの曲。「霧の中って、(車で)どんなに速く走っても何キロで走っているかわからない。別れが訪れるということが既にわかっている男と女が同じ時間を共有しながら、メビウスの輪みたいにネジ曲がった別の時空間にいるという感じを出したかった」プロデューサー談。◇
■2013/1/23◆自由への翼◆松任谷由実◆U-miz◆25◆25◆01◆https://yuming.co.jp/discography/album/original25/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-8250/◆1993◆アルバム「U-miz」の1曲目に収録されるこの曲は、ちょっとカントリータッチの曲。◇
■2013/1/24◆消息◆松任谷由実◆PEARL PIERCE◆13◆13◆09◆https://yuming.co.jp/discography/album/original13/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10646/◆1982◆2011年に発売されたユーミンの歌詞集「371+1」では、ユーミンソングが29のテーマに分類されていますが、その中の一つに「ホーム」(HOMEではなくプラットホームの方)があります。この曲もその「ホーム」の中の一曲で、駅のホームで偶然別れた彼を見つけてしまい……、というストーリーが展開されます。◇
■2013/1/25◆時をかける少女◆松任谷由実◆VOYAGER◆15◆15◆10◆https://yuming.co.jp/discography/album/original15/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10648/◆1983◆原田知世さん主演映画「時をかける少女」の主題歌として原田さんに提供した楽曲をセルフカバー。アルバム「VOYAGER」のジャケットはこの曲の一節「空は宇宙の海よ」をモチーフとしてデザインされました。◇
■2013/1/27◆Rāga#3◆松任谷由実◆FROZEN ROSES◆30◆30◆04◆https://yuming.co.jp/discography/album/original30/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-24300/◆1999◆サーカスやシンクロナイズドスイミングとのコラボレーションで魅せた画期的なショー「YUMING SPECTACLE SHANGRILA」のために書き下ろされた楽曲。◇
■2013/1/28◆◆◆◆28◆◆◆◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-9830/◆◆◇
■2013/1/28◆まちぶせ◆松任谷由実◆Cowgirl Dreamin'◆28◆28◆10◆https://yuming.co.jp/discography/album/original28/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-9830/◆1997◆元々はアイドル歌手三木聖子さんに提供し、のちに石川ひとみさんが歌い大ヒットした荒井由実時代の曲をセルフカバー。収録アルバムのリリース前年には“荒井由実”名義でシングルCDを先行リリースし、加えて“荒井由実”名義でコンサートもおこない話題になりました。◇
■2013/1/28◆まちぶせ◆松任谷由実◆Cowgirl Dreamin'◆28◆28◆10◆https://yuming.co.jp/discography/album/original28/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-9830/◆1997◆元々はアイドル歌手三木聖子さんに提供し、のちに石川ひとみさんが歌い大ヒットした荒井由実時代の曲をセルフカバー。収録アルバムのリリース前年には“荒井由実”名義でシングルCDを先行リリースし、加えて“荒井由実”名義でコンサートもおこない話題になりました。◇
■2013/1/28◆まちぶせ◆松任谷由実◆Cowgirl Dreamin'◆28◆28◆10◆https://yuming.co.jp/discography/album/original28/◆◆◆1997◆元々はアイドル歌手三木聖子さんに提供し、のちに石川ひとみさんが歌い大ヒットした荒井由実時代の曲をセルフカバー。収録アルバムのリリース前年には“荒井由実”名義でシングルCDを先行リリースし、加えて“荒井由実”名義でコンサートもおこない話題になりました。◇
■2013/1/28◆まちぶせ◆松任谷由実◆Cowgirl Dreamin'◆28◆28◆10◆https://yuming.co.jp/discography/album/original28/◆◆◆1997◆元々はアイドル歌手三木聖子さんに提供し、のちに石川ひとみさんが歌い大ヒットした荒井由実時代の曲をセルフカバー。収録アルバムのリリース前年には“荒井由実”名義でシングルCDを先行リリースし、加えて“荒井由実”名義でコンサートもおこない話題になりました。◇
■2013/1/28◆まちぶせ◆松任谷由実◆Cowgirl Dreamin'◆28◆28◆10◆https://yuming.co.jp/discography/album/original28/◆◆◆1997◆元々はアイドル歌手三木聖子さんに提供し、のちに石川ひとみさんが歌い大ヒットした荒井由実時代の曲をセルフカバー。収録アルバムのリリース前年には“荒井由実”名義でシングルCDを先行リリースし、加えて“荒井由実”名義でコンサートもおこない話題になりました。◇
■2013/1/29◆コインの裏側◆松任谷由実◆Road Show◆36◆36◆07◆https://yuming.co.jp/discography/album/original36/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-27000/◆2011◆2011年に開催されたコンサートツアー「Road Show」のアンコールで披露された曲。◇
■2013/1/29◆コインの裏側◆松任谷由実◆Road Show◆36◆36◆07◆https://yuming.co.jp/discography/album/original36/◆◆◆2011◆2011年に開催されたコンサートツアー「Road Show」のアンコールで披露された曲。◇
■2013/1/29◆コインの裏側◆松任谷由実◆Road Show◆36◆36◆07◆https://yuming.co.jp/discography/album/original36/◆◆◆2011◆2011年に開催されたコンサートツアー「Road Show」のアンコールで披露された曲。◇
■2013/1/30◆埠頭を渡る風◆松任谷由実◆流線形 '80◆06◆06◆02◆https://yuming.co.jp/discography/album/original06/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10639/◆1978◆この曲の中で「白いと息」「凍える夜」といった歌詞が出てきます。まさに今この寒い季節の歌ですね。◇
■2013/1/31◆吹雪の中を◆松任谷由実◆Delight Slight Light KISS◆20◆20◆09◆https://yuming.co.jp/discography/album/original20/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10653/◆1988◆いよいよ明日から苗場コンサートがスタートです!道中はこの曲をぜひ♪◇
■2013/2/1◆サーフ天国、スキー天国◆松任谷由実◆SURF & SNOW◆10◆10◆08◆https://yuming.co.jp/discography/album/original10/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10643/◆1980◆本日よりSURF&SNOW in Naeba Vol.33スタート!苗場月間ということで、本日より「苗場プリンスホテルCM曲特集」をお届けします。まずは1987〜1988年に使用されたこの曲から。「Surf & Snow in Naeba」のテーマ曲とも言えますね。◇
■2013/2/2◆ガールフレンズ◆松任谷由実◆VOYAGER◆15◆15◆01◆https://yuming.co.jp/discography/album/original15/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10648/◆1983◆1989年1月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。苗場楽しんでますか?インターネットでお楽しみいただける【Y MODE】も絶賛OPEN中!◇
■2013/2/3◆届かないセレナーデ◆松任谷由実◆LOVE WARS◆21◆21◆08◆https://yuming.co.jp/discography/album/original21/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10654/◆1989◆1989年12月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。過去の苗場のCMの一部をY MODEコンテンツ「ユーミンアーカイブ」にてご覧いただけます。◇
■2013/2/4◆Man in the Moon◆松任谷由実◆天国のドア◆22◆22◆07◆https://yuming.co.jp/discography/album/original22/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-5900/◆1990◆1990年12月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。苗場のライブでもとても盛り上がるダンサブルなナンバー。◇
■2013/2/5◆タイムリミット◆松任谷由実◆DAWN PURPLE◆23◆23◆08◆https://yuming.co.jp/discography/album/original23/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-6300/◆1991◆1991年12月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。会場がブリザーディウムとなった初めての「Surf & Snow in Naeba vol. 12」では、オープニング・ナンバーとして歌われました。◇
■2013/2/6◆ミラクル◆松任谷由実◆TEARS AND REASONS◆24◆24◆04◆https://yuming.co.jp/discography/album/original24/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-6800/◆1992◆1992年12月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。◇
■2013/2/6◆サーフ天国、スキー天国◆松任谷由実◆SURF & SNOW◆10◆10◆08◆https://yuming.co.jp/discography/album/original10/◆◆◆1980◆本日よりSURF&SNOW in Naeba Vol.34スタート!苗場月間ということで、本日より「苗場プリンスホテルCM曲特集」をお届けします。まずは1987〜1988年に使用されたこの曲から。「Surf & Snow in Naeba」のテーマ曲とも言えますね。◇
■2013/2/6◆サーフ天国、スキー天国◆松任谷由実◆SURF & SNOW◆10◆10◆08◆https://yuming.co.jp/discography/album/original10/◆◆◆1980◆本日よりSURF&SNOW in Naeba Vol.34スタート!苗場月間ということで、本日より「苗場プリンスホテルCM曲特集」をお届けします。まずは1987〜1988年に使用されたこの曲から。「Surf & Snow in Naeba」のテーマ曲とも言えますね。◇
■2013/2/6◆サーフ天国、スキー天国◆松任谷由実◆SURF & SNOW◆10◆10◆08◆https://yuming.co.jp/discography/album/original10/◆◆◆1980◆本日よりSURF&SNOW in Naeba Vol.34スタート!苗場月間ということで、本日より「苗場プリンスホテルCM曲特集」をお届けします。まずは1987〜1988年に使用されたこの曲から。「Surf & Snow in Naeba」のテーマ曲とも言えますね。◇
■2013/2/6◆サーフ天国、スキー天国◆松任谷由実◆SURF & SNOW◆10◆10◆08◆https://yuming.co.jp/discography/album/original10/◆◆◆1980◆本日よりSURF&SNOW in Naeba Vol.34スタート!苗場月間ということで、本日より「苗場プリンスホテルCM曲特集」をお届けします。まずは1987〜1988年に使用されたこの曲から。「Surf & Snow in Naeba」のテーマ曲とも言えますね。◇
■2013/2/7◆Oh Juliet◆松任谷由実◆THE DANCING SUN◆26◆26◆09◆https://yuming.co.jp/discography/album/original26/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-8600/◆1994◆1994年12月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。バービー人形を使用した苗場のコマーシャルがとってもキュートでした。◇
■2013/2/7◆ガールフレンズ◆松任谷由実◆VOYAGER◆15◆15◆01◆https://yuming.co.jp/discography/album/original15/◆◆◆1983◆1989年1月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。苗場楽しんでますか?インターネットでお楽しみいただける【Y MODE】も絶賛OPEN中!11日にはライブ生配信!◇
■2013/2/7◆ガールフレンズ◆松任谷由実◆VOYAGER◆15◆15◆01◆https://yuming.co.jp/discography/album/original15/◆◆◆1983◆1989年1月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。苗場楽しんでますか?インターネットでお楽しみいただける【Y MODE】も絶賛OPEN中!11日にはライブ生配信!◇
■2013/2/7◆ガールフレンズ◆松任谷由実◆VOYAGER◆15◆15◆01◆https://yuming.co.jp/discography/album/original15/◆◆◆1983◆1989年1月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。苗場楽しんでますか?インターネットでお楽しみいただける【Y MODE】も絶賛OPEN中!11日にはライブ生配信!◇
■2013/2/7◆ガールフレンズ◆松任谷由実◆VOYAGER◆15◆15◆01◆https://yuming.co.jp/discography/album/original15/◆◆◆1983◆1989年1月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。苗場楽しんでますか?インターネットでお楽しみいただける【Y MODE】も絶賛OPEN中!11日にはライブ生配信!◇
■2013/2/8◆Broken Barricade◆松任谷由実◆KATHMANDU◆27◆27◆07◆https://yuming.co.jp/discography/album/original27/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-9300/◆1995◆1995年12月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。バービー人形を使ったCMでこの曲が使われました。コピーは「スキーの踊り場、苗場」でした。◇
■2013/2/8◆届かないセレナーデ◆松任谷由実◆LOVE WARS◆21◆21◆08◆https://yuming.co.jp/discography/album/original21/◆◆◆1989◆1989年12月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。◇
■2013/2/8◆届かないセレナーデ◆松任谷由実◆LOVE WARS◆21◆21◆08◆https://yuming.co.jp/discography/album/original21/◆◆◆1989◆1989年12月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。◇
■2013/2/8◆届かないセレナーデ◆松任谷由実◆LOVE WARS◆21◆21◆08◆https://yuming.co.jp/discography/album/original21/◆◆◆1989◆1989年12月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。◇
■2013/2/8◆届かないセレナーデ◆松任谷由実◆LOVE WARS◆21◆21◆08◆https://yuming.co.jp/discography/album/original21/◆◆◆1989◆1989年12月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。◇
■2013/2/9◆別れのビギン◆松任谷由実◆Cowgirl Dreamin'◆28◆28◆05◆https://yuming.co.jp/discography/album/original28/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-9830/◆1997◆1996年12月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。この年もバービー人形を使ったCM。コピーは「プリンセスにはプリンスです。」※苗場プリンスホテルのCMは「苗場スキー場50周年」のスペシャルサイトで現在公開されています。",",",",",",",",",",",",",","," 2013/2/10 0:00"◇
■2013/2/9◆Man in the Moon◆松任谷由実◆天国のドア◆22◆22◆07◆https://yuming.co.jp/discography/album/original22/◆◆◆1990◆1990年12月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。苗場のライブでもとても盛り上がるダンサブルなナンバー。◇
■2013/2/9◆Man in the Moon◆松任谷由実◆天国のドア◆22◆22◆07◆https://yuming.co.jp/discography/album/original22/◆◆◆1990◆1990年12月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。苗場のライブでもとても盛り上がるダンサブルなナンバー。◇
■2013/2/9◆Man in the Moon◆松任谷由実◆天国のドア◆22◆22◆07◆https://yuming.co.jp/discography/album/original22/◆◆◆1990◆1990年12月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。苗場のライブでもとても盛り上がるダンサブルなナンバー。◇
■2013/2/9◆Man in the Moon◆松任谷由実◆天国のドア◆22◆22◆07◆https://yuming.co.jp/discography/album/original22/◆◆◆1990◆1990年12月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。苗場のライブでもとても盛り上がるダンサブルなナンバー。◇
■2013/2/9◆Man in the Moon◆松任谷由実◆天国のドア◆22◆22◆07◆https://yuming.co.jp/discography/album/original22/◆◆◆1990◆1990年12月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。苗場のライブでもとても盛り上がるダンサブルなナンバー。◇
■2013/2/10◆タイムリミット◆松任谷由実◆DAWN PURPLE◆23◆23◆08◆https://yuming.co.jp/discography/album/original23/◆◆◆1991◆1991年12月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。会場がブリザーディウムとなった初めての「Surf & Snow in Naeba vol. 12」では、オープニング・ナンバーとして歌われました。◇
■2013/2/10◆タイムリミット◆松任谷由実◆DAWN PURPLE◆23◆23◆08◆https://yuming.co.jp/discography/album/original23/◆◆◆1991◆1991年12月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。会場がブリザーディウムとなった初めての「Surf & Snow in Naeba vol. 12」では、オープニング・ナンバーとして歌われました。◇
■2013/2/10◆タイムリミット◆松任谷由実◆DAWN PURPLE◆23◆23◆08◆https://yuming.co.jp/discography/album/original23/◆◆◆1991◆1991年12月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。会場がブリザーディウムとなった初めての「Surf & Snow in Naeba vol. 12」では、オープニング・ナンバーとして歌われました。◇
■2013/2/10◆タイムリミット◆松任谷由実◆DAWN PURPLE◆23◆23◆08◆https://yuming.co.jp/discography/album/original23/◆◆◆1991◆1991年12月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。会場がブリザーディウムとなった初めての「Surf & Snow in Naeba vol. 12」では、オープニング・ナンバーとして歌われました。◇
■2013/2/11◆groove in retro◆松任谷由実◆Neue Musik◆best◆neuemusik◆14◆https://yuming.co.jp/discography/best/best03/◆◆◆1998◆1999年1月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。綺麗なスノードームが印象的に使用されたCMでした。コピーは「スキーな人と、ナエバ」。※苗場プリンスホテルのCMは「苗場スキー場50周年」のスペシャルサイトで現在公開されています。",",",",",",",",",",",",",","," 2013/2/12 0:00"◇
■2013/2/11◆ミラクル◆松任谷由実◆TEARS AND REASONS◆24◆24◆04◆https://yuming.co.jp/discography/album/original24/◆◆◆1992◆1992年12月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。◇
■2013/2/11◆ミラクル◆松任谷由実◆TEARS AND REASONS◆24◆24◆04◆https://yuming.co.jp/discography/album/original24/◆◆◆1992◆1992年12月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。◇
■2013/2/11◆ミラクル◆松任谷由実◆TEARS AND REASONS◆24◆24◆04◆https://yuming.co.jp/discography/album/original24/◆◆◆1992◆1992年12月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。◇
■2013/2/11◆ミラクル◆松任谷由実◆TEARS AND REASONS◆24◆24◆04◆https://yuming.co.jp/discography/album/original24/◆◆◆1992◆1992年12月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。◇
■2013/2/12◆Oh Juliet◆松任谷由実◆THE DANCING SUN◆26◆26◆09◆https://yuming.co.jp/discography/album/original26/◆◆◆1994◆1994年12月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。バービー人形を使用した苗場のコマーシャルがとってもキュートでした。◇
■2013/2/12◆Oh Juliet◆松任谷由実◆THE DANCING SUN◆26◆26◆09◆https://yuming.co.jp/discography/album/original26/◆◆◆1994◆1994年12月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。バービー人形を使用した苗場のコマーシャルがとってもキュートでした。◇
■2013/2/12◆Oh Juliet◆松任谷由実◆THE DANCING SUN◆26◆26◆09◆https://yuming.co.jp/discography/album/original26/◆◆◆1994◆1994年12月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。バービー人形を使用した苗場のコマーシャルがとってもキュートでした。◇
■2013/2/12◆Oh Juliet◆松任谷由実◆THE DANCING SUN◆26◆26◆09◆https://yuming.co.jp/discography/album/original26/◆◆◆1994◆1994年12月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。バービー人形を使用した苗場のコマーシャルがとってもキュートでした。◇
■2013/2/13◆Choco-language(ショコランゲージ)◆松任谷由実◆VIVA! 6×7◆33◆33◆04◆https://yuming.co.jp/discography/album/original33/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-25601/◆2004◆明日はバレンタインデー。いよいよ苗場コンサートも最終日です。◇
■2013/2/13◆Broken Barricade◆松任谷由実◆KATHMANDU◆27◆27◆07◆https://yuming.co.jp/discography/album/original27/◆◆◆1995◆1995年12月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。バービー人形を使ったCMでこの曲が使われました。コピーは「スキーの踊り場、苗場」でした。◇
■2013/2/13◆Broken Barricade◆松任谷由実◆KATHMANDU◆27◆27◆07◆https://yuming.co.jp/discography/album/original27/◆◆◆1995◆1995年12月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。バービー人形を使ったCMでこの曲が使われました。コピーは「スキーの踊り場、苗場」でした。◇
■2013/2/13◆Broken Barricade◆松任谷由実◆KATHMANDU◆27◆27◆07◆https://yuming.co.jp/discography/album/original27/◆◆◆1995◆1995年12月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。バービー人形を使ったCMでこの曲が使われました。コピーは「スキーの踊り場、苗場」でした。◇
■2013/2/13◆Broken Barricade◆松任谷由実◆KATHMANDU◆27◆27◆07◆https://yuming.co.jp/discography/album/original27/◆◆◆1995◆1995年12月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。バービー人形を使ったCMでこの曲が使われました。コピーは「スキーの踊り場、苗場」でした。◇
■2013/2/14◆Valentine’s RADIO◆松任谷由実◆LOVE WARS◆21◆21◆01◆https://yuming.co.jp/discography/album/original21/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10654/◆1989◆Happy Valentine!!!◇
■2013/2/14◆Valentine’s RADIO◆松任谷由実◆LOVE WARS◆21◆21◆01◆https://yuming.co.jp/discography/album/original21/◆◆◆1989◆Happy Valentine!!!◇
■2013/2/14◆Valentine’s RADIO◆松任谷由実◆LOVE WARS◆21◆21◆01◆https://yuming.co.jp/discography/album/original21/◆◆◆1989◆Happy Valentine!!!◇
■2013/2/14◆Valentine’s RADIO◆松任谷由実◆LOVE WARS◆21◆21◆01◆https://yuming.co.jp/discography/album/original21/◆◆◆1989◆Happy Valentine!!!◇
■2013/2/14◆Valentine’s RADIO◆松任谷由実◆LOVE WARS◆21◆21◆01◆https://yuming.co.jp/discography/album/original21/◆◆◆1989◆Happy Valentine!!!◇
■2013/2/15◆BLIZZARD◆松任谷由実◆NO SIDE◆16◆16◆04◆https://yuming.co.jp/discography/album/original16/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-10649/◆1984◆「Surf & Snow in Naeba」でほぼ毎回披露される定番ソング。苗場コンサートは終了してしまいましたが、Y MODEは来月5日までOPENしています。これからライブ配信も2本控えていますので、まだまだ苗場気分を満喫してくださいね♪◇
■2013/2/15◆パーティーへ行こう◆松任谷由実◆スユアの波◆29◆29◆05◆https://yuming.co.jp/discography/album/original29/◆◆◆1997◆1997年12月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。ケンとバービー使用した最後のCMでした。コピーは「スキーに愛が、ともナエバ。」◇
■2013/2/15◆パーティーへ行こう◆松任谷由実◆スユアの波◆29◆29◆05◆https://yuming.co.jp/discography/album/original29/◆◆◆1997◆1997年12月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。ケンとバービー使用した最後のCMでした。コピーは「スキーに愛が、ともナエバ。」◇
■2013/2/15◆パーティーへ行こう◆松任谷由実◆スユアの波◆29◆29◆05◆https://yuming.co.jp/discography/album/original29/◆◆◆1997◆1997年12月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。ケンとバービー使用した最後のCMでした。コピーは「スキーに愛が、ともナエバ。」◇
■2013/2/15◆パーティーへ行こう◆松任谷由実◆スユアの波◆29◆29◆05◆https://yuming.co.jp/discography/album/original29/◆◆◆1997◆1997年12月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。ケンとバービー使用した最後のCMでした。コピーは「スキーに愛が、ともナエバ。」◇
■2013/2/16◆groove in retro◆松任谷由実◆Neue Musik◆best◆neuemusik◆14◆https://yuming.co.jp/discography/best/best03/◆◆◆1998◆1999年1月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。綺麗なスノードームが印象的に使用されたCMでした。コピーは「スキーな人と、ナエバ」。◇
■2013/2/16◆groove in retro◆松任谷由実◆Neue Musik◆best◆neuemusik◆14◆https://yuming.co.jp/discography/best/best03/◆◆◆1998◆1999年1月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。綺麗なスノードームが印象的に使用されたCMでした。コピーは「スキーな人と、ナエバ」。◇
■2013/2/16◆groove in retro◆松任谷由実◆Neue Musik◆best◆neuemusik◆14◆https://yuming.co.jp/discography/best/best03/◆◆◆1998◆1999年1月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。綺麗なスノードームが印象的に使用されたCMでした。コピーは「スキーな人と、ナエバ」。◇
■2013/2/16◆groove in retro◆松任谷由実◆Neue Musik◆best◆neuemusik◆14◆https://yuming.co.jp/discography/best/best03/◆◆◆1998◆1999年1月〜「苗場プリンスホテル」CM使用曲。綺麗なスノードームが印象的に使用されたCMでした。コピーは「スキーな人と、ナエバ」。◇
■2013/2/17◆TWINS◆松任谷由実◆acacia◆31◆31◆08◆https://yuming.co.jp/discography/album/original31/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-24600/◆2001◆2000年10月〜 NHK教育テレビ海外少年少女ドラマ「アニマル・レスキュー・キッズ」主題歌◇
■2013/2/17◆水槽のJellyfish◆松任谷由実◆VIVA! 6×7◆33◆33◆05◆https://yuming.co.jp/discography/album/original33/◆◆◆2004◆2003年12月〜「苗場プリンスホテル Mt.Naeba」CM使用曲。華麗に宙を舞うスキーヤー&ボーダー姿のユーミンのCGが登場したCMはファンの間でも話題になりました。◇
■2013/2/17◆水槽のJellyfish◆松任谷由実◆VIVA! 6×7◆33◆33◆05◆https://yuming.co.jp/discography/album/original33/◆◆◆2004◆2003年12月〜「苗場プリンスホテル Mt.Naeba」CM使用曲。華麗に宙を舞うスキーヤー&ボーダー姿のユーミンのCGが登場したCMはファンの間でも話題になりました。◇
■2013/2/17◆水槽のJellyfish◆松任谷由実◆VIVA! 6×7◆33◆33◆05◆https://yuming.co.jp/discography/album/original33/◆◆◆2004◆2003年12月〜「苗場プリンスホテル Mt.Naeba」CM使用曲。華麗に宙を舞うスキーヤー&ボーダー姿のユーミンのCGが登場したCMはファンの間でも話題になりました。◇
■2013/2/17◆水槽のJellyfish◆松任谷由実◆VIVA! 6×7◆33◆33◆05◆https://yuming.co.jp/discography/album/original33/◆◆◆2004◆2003年12月〜「苗場プリンスホテル Mt.Naeba」CM使用曲。華麗に宙を舞うスキーヤー&ボーダー姿のユーミンのCGが登場したCMはファンの間でも話題になりました。◇
■2013/2/18◆Josephine◆松任谷由実◆FROZEN ROSES◆30◆30◆07◆https://yuming.co.jp/discography/album/original30/◆◆http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOCT-24300/◆1999◆ユーミンにはめずらしいジャジーなナンバー。◇
■2013/2/18◆Choco-language(ショコランゲージ)◆松任谷由実◆VIVA! 6×7◆33◆33◆04◆https://yuming.co.jp/discography/album/original33/◆◆◆2004◆いよいよ苗場コンサートも最終日です。◇