PROFILE

PROFILE

Yuming

松任谷由実

  • 生年月日:1954年1月19日
  • 出身:東京
  • 通称ユーミン。

    72年、多摩美術大学在籍中にシングル「返事はいらない」で旧姓・荒井由実としてデビュー。
    翌、73年、ファースト・アルバム「ひこうき雲」をリリース。
    それまでのフォークソングとは一線を画する、ファッション性の高いメロディと独自の写実的な歌詞で、女性シンガー・ソングライターの草分け的な存在に。
    そのスタイルは「ニュー・ミュージック」と呼ばれたくさんのフォロワーを生み、全く新しい音楽ジャンルとして確立し、後の「J-POP」の源流となった。
    76年、アレンジャー、プロデューサーである松任谷正隆と結婚し松任谷由実になるが、荒井由実名義でリリースした初期4枚のアルバムは今も伝説的な存在となっている。
     その後、およそ1年に1枚のペースでアルバムをリリース。
    リアリティのある恋愛観や共感できるライフ・スタイルを曲に反映させ、時代やトレンドをリードするアーティストとして、広い世代に受け入れられ、確固たる地位を築いている。
    また、呉田軽穂の名義でも多くのアーティストに楽曲を提供している。
     1990年に発表したアルバム「天国のドア」は、日本人アーティスト初の200万枚を超す売り上げを記録した。
    更にベスト・アルバムを含めた41枚の内21枚がオリコンヒットチャート1位を獲得しているが、これは女性アーティストの記録としては歴代1位。
    通算のセールス枚数は3,000万枚以上となっており、これも女性アーティストとして1位の記録である。
     デビュー以来、毎年行っているコンサートは、派手な演出を駆使したエンターテインメントとして人気を呼び、公演チケットは常に即日ソールド・アウト。
    80年代後半、そのチケット争奪戦は社会現象となる。
    90年代に入り同じくスペクタクルなコンサートで知られるピンク・フロイドやポール・マッカートニーの照明デザイナーを歴任したマーク・ブリックマン、ローリング・ストーンズ、U2のセット・デザイナーとして世界的に有名なマーク・フィッシャーを次々に登用、そのクオリティの高さは欧米の音楽業界でも話題となる。
    99年にはロシアのサーカス団50名を参加させたユーミンスペクタクル「シャングリラ」を実施。
    ツアー・クルー200名、40億円の制作費、11トントラック55台という規模は日本の興行史上空前のものとして記憶されている。
    03年には4年ぶりに第二弾となる「シャングリラⅡ ~氷の惑星~」を全国7都市51公演行い、その後、香港コロシアムでの公演も成功させた。
    07年の「シャングリラⅢ~人魚姫の夢~」を合わせ、合計で100万人を動員した。
     大規模コンサートの一方で、1978年より続いた「逗子マリーナ(当時、葉山マリーナ)」でのコンサート「SURF&SNOW in ZUSHI MARINA」は通算17回開催。
    81年より続く「苗場プリンスホテル」でのコンサート「SURF&SNOW in NAEBA」は通算35回開催。
    海沿いのプールやスキー場といったロケーションでのコンサートは、日本におけるリゾートという概念を変え、若者のライフ・スタイルへの新しいプレゼンテーションとなった。
     デビュー40周年にあたる2012年は、3月に最新シングル「恋をリリース」を発売、5月には初のディナーショー「Real Dinner Show 時間の旅」をホテルオークラ東京にて開催、7月からテレビ初のレギュラー番組「ユーミンのSUPER WOMAN」(NHK Eテレ)がスタート。10月には、帝国劇場にて約1ヶ月公演の舞台「純愛物語 meets YUMING 8月31日~夏休み最後の日~」に挑戦するなど、精力的に活動。
    そして、11月20日にデビュー40周年記念ベストアルバム「日本の恋と、ユーミンと。」をリリースし、12月にはクリスマスディナーショー「Silent Christmas ~Wishes for you~」を開催。
    2013年11月20日には前作「ROAD SHOW」から、2年ぶりとなる37枚目のオリジナルアルバム「POP CLASSICO」をリリース。
    同年同日からは、約8ヶ月に渡る全国36都市66公演のロングツアーを完走。
    2014年10月には帝国劇場にて公演の舞台、第二弾「あなたがいたから私がいた」が上演。
    同年12月にはクリスマスディナーショー「Real Christmas Show 時の降る聖夜」を開催。

    2015年3月には「石川県観光ブランドプロデューサー」に就任し、石川の観光ブランドを磨くアドバイザーを担う。

    また、同年11月より公開の映画「リトルプリンス 星の王子さまと私」の主題歌を書き下ろし、自身初の洋画主題歌を担当する。